機械翻訳について

月次費用の見積り

OracleのInfrastructure CloudおよびPlatform Cloud (Oracle IaaS/PaaS)サービスいずれかを注文する準備ができると、「費用の見積り」が表示され、サブスクリプション・モデルまたは容量を決める前に毎月の使用量や費用を確認することができます。

費用見積りは、Oracle Cloudサービス・カテゴリの選択、サービス構成、および構成での各リソースの使用状況に基づいて、自動的に計算されます。

「費用の見積り」では、Pay-As-You-Goサブスクリプションと月次フレックス・サブスクリプションの見積りが提供されます。

  1. Oracle Cloudのwebサイトでコスト見積ページに移動します。
  2. OracleのIaaSまたはPaaSサービスを参照し、「見積り」をクリックします。
  3. ページの左側のリストから、「インフラストラクチャ」またはデータ管理」などクラウド・サービスのカテゴリを選択します。

    「費用の見積り」に表示される一連のパッケージは、選択したサービス・カテゴリをサポートするために通常必要となるサービスとリソースに対応しています。 選択したサービス・カテゴリのすべてのパッケージを表示するには、右にスクロールします。

  4. 見積りを行うには、まずパッケージの1つを選択します。 見積り機能によって、選択したサービスとパッケージについて費用の計算が開始されます。
  5. 「構成オプション」セクションで、各サービスを展開し、スライダを使用するかドロップダウン・リストから選択して、プロジェクトまたは組織のニーズと一致するように値を調整します。

    リソースの容量の調整するとすぐに、費用の見積りが変化します。 サービスによっては、月次フレックス・サブスクリプションの見積りがPay-As-You-Goサブスクリプションよりも低くなりますが、これは月次フレックス・サブスクリプションの基本費用に対して標準の割引が適用されるためです。 選択した構成の規模が大きい場合または選択したサブスクリプション期間が長い場合は、「月次フレックス割引」バーに表示される割引額が増えます。 「月次フレックス割引」バーに表示される追加の割引の金額は、インスタンスの数および選択する他のリソースに基づいています。

  6. Oracle DatabaseまたはOracle Middlewareといったサービスのソフトウェア・ライセンスをすでに持っている場合は、そのライセンスを使用してクラウド・サービスの費用を見積ることができます。 サービス・パッケージに対して、または「構成オプション」セクションの下で、「BYOL」(独自のライセンスを使用)オプションを選択するだけです。
    たとえば、Autonomous Data Warehouseの既存のライセンスを持っている場合は、「Autonomous Data Warehouse Cloud - BYOL」パッケージをサービス・パッケージ・セットから選択します。
    Oracle Database Enterprise Editionのライセンスを持っている場合は、「構成オプション」の下の「エディション」リストからEnterprise Edition Extreme Performance - BYOLオプションを選択します。
    BYOL価格(通常はクラウド・サービスの標準費用より低価格)がすぐに費用に反映されます。
  7. 様々な構成オプションを試して、費用と組織のニーズとのバランスが取れるようにしてください。
  8. 見積りを確認し、支払プランを選択してすぐに購入をクリックします。
終了したら、費用の見積りを保存して、組織で共有することができます。 費用見積り結果の保存および共有を参照してください。

例: Oracle Database Cloud Serviceの月次費用の見積り

この例では、要件に基づいてOracle Database Cloud Serviceの月次費用を見積る方法を説明します。

次のステップに従います。

  1. 「費用の見積り」ページで、画面の左側のリストから「データ管理」カテゴリを選択します。
  2. 表示される構成のリストから、「Oracle Database Cloud Service」を選択し、「追加」をクリックします。
  3. ページの「構成オプション」セクションで「データベース」を展開します。
  4. 「データベース」の下で、「インスタンス数」、「月間平均使用日数」、「1日当たりの平均使用時間数」など各リソースを展開します。
    各項目を展開するとデフォルト値が表示されるものもあります。
  5. 開発用に1つ、テスト用に1つとして、インスタンス数を2に増やします。
  6. 必要な場合には、「月間平均使用日数」または「1日当たりの平均使用時間数」の値をスライダを使用して調整します。 デフォルトでは、それぞれの使用時間は31日間(1か月)と24時間(1日)に設定されています。 データベース・サービスを使用する予定の時間がこれよりも短い場合は、それに応じて値を調整します。
  7. 「Enterprise Edition High Performance - 汎用」を「エディション」ドロップダウン・メニューから選択して、月次見積りがどのように変化するかを確認します。
  8. 同様に、「データベース・バックアップ」セクションと「Storage Classic」セクションを展開して値を調整します。 これらのサービスは、開発、テストおよび本番の安全なデータベース環境を設定するために必要です。
  9. セクションの横のごみ箱アイコンをクリックしてセクションを削除することもできます。 たとえば、「データベース・バックアップ」サービスが必要ない場合にごみ箱アイコンをクリックして削除できます。
  10. 選択内容に基づいて見積りが変わり、「月次フレックス割引」が計算される様子に注意してください。 さらに割引を得るには、「月次フレックス割引」バーでサブスクリプション期間を2年または3年に変更します。割引額がどのように増加するかをご覧ください。
  11. すべての要件の見積りが終了したら、支払プランを選択し、すぐに購入をクリックします。
「データ管理」カテゴリで他の構成(Oracle Database Exadata Cloud ServiceまたはOracle Big Data Cloud Serviceなど)を追加して合計費用を見積ることもできます。 あるいは、必要な場合は他のサービス・カテゴリ(「インフラストラクチャ」または「統合」など)とその構成を追加して、合計使用費用の見積りを取得できます。

費用見積り結果の保存および共有

月次使用量の見積りに問題がなければ、PDFファイルとしてダウンロードするか.oceファイルにエクスポートすることで保存できます。 .oceファイルは、「費用の見積り」で保存された見積りのエクスポートとインポートのみに使用されます。 これが役立つのは、管理、財務または他の関連部署の承認を得るために、見積り価格を共有して検討する場合です。

費用見積りの保存

費用見積りを保存するには、次のようにします。
  • 「費用の見積り」ページで、次のオプションを選択します。

    • ロード/保存: このボタンをクリックすると、サービス構成がブラウザに保存されます。 構成に名前を付けて「保存」をクリックします。 この操作はブラウザによって異なることに注意してください。 Google Chromeで保存した構成をFirefoxで使用することはできません。逆の場合も同じです。

    • PDFとして保存: このボタンをクリックすると、見積りがPDFファイルとして保存されます。 これは関係部署に見積りを提示するときに役立ちます。 PDFは読取り専用です。

    • エクスポート: このボタンをクリックすると、見積りが.oceファイルにエクスポートされます。 これが役立つのは、見積りをレビューアと共有する場合や、後から見積りを変更する場合です。 その後、必要であればレビューアが.oceファイルを自分の「費用の見積り」ページにインポートして、変更を行うことができます。

保存した見積りのインポートまたはロード

保存した見積りを変更したい場合、または保存した見積りを検討している場合は、見積りを「費用の見積り」にインポートして行うことができます。 以前ブラウザに保存したサービス構成をロードして見積り作業を継続することもできます。

保存した費用見積りをインポートまたはロードするには、次のいずれかのオプションを使用します。
  • ロード/保存: このボタンをクリックすると、保存したサービス構成がロードされます。 この操作はブラウザによって異なることに注意してください。
    1. 「保存された構成の選択」をクリックします。

    2. 保存した構成を選択し、「ロード」をクリックします。

  • インポート: 以前にエクスポートした見積りをインポートするには、このボタンをクリックします。 見積りを.oceファイルにエクスポートしていることを確認してください。
    • .oceファイルを参照し、「開く」をクリックします。

保存した見積りが「費用の見積り」ページに表示されます。 続いて、必要に応じて変更を加えることができます。