機械翻訳について

Pay-As-You-Goサブスクリプションのサービス制限について

このトピックでは、Pay As You Go Oracle Cloud従量制サービスに設定されているサービス制限と、そのデフォルト制限を増減するプロセスについて説明します。

サービス制限について

Oracle Cloud従量制サービスにサインアップして支払いオプションを選択すると、サービスの制限のセットがデフォルトで構成されます。 サービス制限は、サービス・リソースに設定されたクォータまたは許容量です。 たとえば、Oracle Cloud Infrastructure Compute Classicを購入すると、デフォルトでCompute General Purpose用の50個のOCPUが構成されます。 同様に、サービス内の他のComputeリソース(Compute High-I/O、Compute Block Storageなど)には、さまざまな制限が定義されています。

Oracle Storeを通じてクレジット・プロモーションにサインアップした場合、プロモーション・リミットは最初に設定され、サービスをPay As You Goに変換する場合は、Pay-As-You-Goの制限が設定されます。 指定されたサービス制限よりも多くのリソースが必要な場合は、サービス制限を引き上げるようにリクエストできます。 場合によっては、サービス制限の減少をリクエストすることもできます。 「サービス制限の変更をリクエストする」を参照してください。

私がサービス制限に達すると何が起こるのですか。

サービスのサービス制限に達すると、新しいサービス・インスタンスを作成することはできなくなります。 そうしようとするとエラーになります。 サービス制限を増加後、または既存のサービス・インスタンスを終了した後でのみ、新しいインスタンスを作成できます。

Oracle Cloud Pay-As-You-Goサービスの特定のリソースのサービス制限の詳細については、「サービス別制限」を参照してください。