機械翻訳について

Oracle Cloudの新機能

この章では、アプリケーション・コンソール、Infrastructure Classicコンソールの新機能と拡張機能、およびOracle Cloudにおけるその他の変更点について説明します:

2020年7月

「アプリケーション・コンソール」「Infrastructure Classicコンソール」、サブスクリプション、およびOracle Cloudでのその他の変更に含まれる新機能と変更された機能について理解します。

無料および有料Oracle Cloudプロモーションの新機能と変更された機能

機能 説明

Oracle Cloud Infrastructureコンソールを使用した無料プロモーションのアップグレード

「Infrastructure Classicコンソール」を使用して無料プロモーションを有料アカウントにアップグレードできなくなりました。 かわりに、Oracle Cloud Infrastructureコンソールを使用してアップグレードする必要があります。 Oracle Cloud Infrastructure documentationの「支払方法の変更」を参照してください。

2019年9月

「アプリケーション・コンソール」「Infrastructure Classicコンソール」、サブスクリプション、およびOracle Cloudでのその他の変更に含まれる新機能と変更された機能について理解します。

Free Oracle Cloud Promotionの新機能と変更済機能

機能 説明

すべてのOracle Cloud Infrastructureアカウントには、アカウントの存続期間中、無料で利用できるリソースのセットがあります。

すべてのOracle Cloud Infrastructureアカウント(無料か有料かに関係なく)には、アカウントの存続期間中、無料で使用できるリソースのセットがあります。 これらのリソースは、Always Freeリソースと呼ばれます。 Oracle Cloud Infrastructure documentationのOracle Cloud Infrastructure Free Tierを参照してください。

「アプリケーション・コンソール」および「Infrastructure Classicコンソール」の新機能と変更された機能

機能 説明
Oracle Cloud webコンソールからのOracle Cloudサービスへのアクセス

すべてのインフラストラクチャ(IaaS)サービスおよびプラットフォーム(PaaS)サービスは、「インフラストラクチャ・コンソール」から直接利用できます。

Oracle Cloudにサインインしたときにページの上部にInfrastructure Classicが表示される場合、「Infrastructure Classicコンソール」を使用してサービスにアクセスしており、サブスクリプションで「インフラストラクチャ・コンソール」へのアクセスがサポートされていません。 これで、My Servicesアプリケーションは「Infrastructure Classicコンソール」としてリ・ブランドされました。

すべてのOracle Cloudアプリケーションは、「アプリケーション・コンソール」から入手できます。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「クラウド・サービスに移動」を参照してください。

「ダッシュボード」での変更点
  • ダッシュボードの「アカウント管理」タイルは、「アカウントの管理」タイルと呼ばれるようになりました。

  • 「ダッシュボード」では、「ユーザー」ボタンは使用できなくなります。 「ユーザー」ページにアクセスするには、ナビゲーション・メニューを開きます。 「アカウント管理」で、「ユーザー」をクリックします。
  • ダッシュボードでカスタマイズ・ダッシュボード・タイルは使用できなくなりました。 「ダッシュボードをカスタマイズ」ダイアログ・ボックスを開くには、「ダッシュボード」の横にある歯車アイコンをクリックします。
左側のナビゲーション・メニューの変更 左側のナビゲーション・メニューからサービスにアクセスする以外に、Oracle Cloud Infrastructureおよびアプリケーション・サービスを使用するために異なるコンソールやダッシュボードを切り替えることができるようになりました。 左側のナビゲーション・メニューの「ダッシュボード」の下には、サブスクリプションに応じてリストされているコンソールがあります。 「Oracle Cloudスタート・ガイド」「コンソール間の切替え」を参照してください。

2019年7月

My Servicesの新機能および変更された機能、サブスクリプション、およびOracle Cloudのその他の変更について学びます。

サブスクリプションの新機能

機能 説明

Oracle Cloudアプリケーションのプロビジョニング

Oracle Cloudアプリケーションにサブスクライブしている場合、またはアカウントにそれらの権限がある場合、ユーザーがそれらのサービスを使用できるようにするには、アプリケーション管理ダッシュボードからこれらのサービスをプロビジョニングする必要があります。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudアプリケーションのスタート・ガイド」を参照してください。

My Servicesの新機能と変更された機能

機能 説明

Oracle Cloud Applicationsインスタンス用のアプリケーション管理ダッシュボード

Oracle Cloud Applicationsインスタンスを使用すると、アプリケーション管理ダッシュボードが表示されます。 アプリケーション管理ダッシュボードを使用して、Oracle Cloud Applicationsインスタンスをプロビジョニングできます。 クラウド・アカウントおよびサービスの他の側面を管理するには、My Servicesダッシュボードを使用します。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)を参照してください。

Oracle Supportへのアクセス

サポート契約がある場合には、My Oracle Supportを通して電子支援をご利用いただけます。 詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。