機械翻訳について

Oracle® Cloud

Oracle Cloudの新機能

リリース19.3

E70164-43

2019年9月

Oracle Cloudの新機能

この章では、アプリケーション・コンソール、Infrastructure Classicコンソールの新機能と拡張機能、およびOracle Cloudにおけるその他の変更点について説明します:

2019年9月

「アプリケーション・コンソール」「Infrastructure Classicコンソール」、サブスクリプション、およびOracle Cloudでのその他の変更に含まれる新機能と変更された機能について理解します。

Free Oracle Cloud Promotionの新機能と変更済機能

機能 説明

すべてのOracle Cloud Infrastructureアカウントには、アカウントの存続期間中、無料で利用できるリソースのセットがあります。

すべてのOracle Cloud Infrastructureアカウント(無料か有料かに関係なく)には、アカウントの存続期間中、無料で使用できるリソースのセットがあります。 これらのリソースは、Always Freeリソースと呼ばれます。 Oracle Cloud Infrastructure documentationのOracle Cloud Infrastructure Free Tierを参照してください。

「アプリケーション・コンソール」および「Infrastructure Classicコンソール」の新機能と変更された機能

機能 説明
Oracle Cloud webコンソールからのOracle Cloudサービスへのアクセス

すべてのインフラストラクチャ(IaaS)サービスおよびプラットフォーム(PaaS)サービスは、「インフラストラクチャ・コンソール」から直接利用できます。

Oracle Cloudにサインインしたときにページの上部にInfrastructure Classicが表示される場合、「Infrastructure Classicコンソール」を使用してサービスにアクセスしており、サブスクリプションで「インフラストラクチャ・コンソール」へのアクセスがサポートされていません。 これで、My Servicesアプリケーションは「Infrastructure Classicコンソール」としてリ・ブランドされました。

すべてのOracle Cloudアプリケーションは、「アプリケーション・コンソール」から入手できます。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「クラウド・サービスに移動」を参照してください。

「ダッシュボード」での変更点
  • ダッシュボードの「アカウント管理」タイルは、「アカウントの管理」タイルと呼ばれるようになりました。

  • 「ダッシュボード」では、「ユーザー」ボタンは使用できなくなります。 「ユーザー」ページにアクセスするには、ナビゲーション・メニューを開きます。 「アカウント管理」で、「ユーザー」をクリックします。
  • ダッシュボードでカスタマイズ・ダッシュボード・タイルは使用できなくなりました。 「ダッシュボードをカスタマイズ」ダイアログ・ボックスを開くには、「ダッシュボード」の横にある歯車アイコンをクリックします。
左側のナビゲーション・メニューの変更 左側のナビゲーション・メニューからサービスにアクセスする以外に、Oracle Cloud Infrastructureおよびアプリケーション・サービスを使用するために異なるコンソールやダッシュボードを切り替えることができるようになりました。 左側のナビゲーション・メニューの「ダッシュボード」の下には、サブスクリプションに応じてリストされているコンソールがあります。 「Oracle Cloudスタート・ガイド」「コンソール間の切替え」を参照してください。

2019年7月

My Servicesの新機能および変更された機能、サブスクリプション、およびOracle Cloudのその他の変更について学びます。

サブスクリプションの新機能

機能 説明

Oracle Cloudアプリケーションのプロビジョニング

Oracle Cloudアプリケーションにサブスクライブしている場合、またはアカウントにそれらの権限がある場合、ユーザーがそれらのサービスを使用できるようにするには、アプリケーション管理ダッシュボードからこれらのサービスをプロビジョニングする必要があります。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudアプリケーションのスタート・ガイド」を参照してください。

My Servicesの新機能と変更された機能

機能 説明

Oracle Cloud Applicationsインスタンス用のアプリケーション管理ダッシュボード

Oracle Cloud Applicationsインスタンスを使用すると、アプリケーション管理ダッシュボードが表示されます。 アプリケーション管理ダッシュボードを使用して、Oracle Cloud Applicationsインスタンスをプロビジョニングできます。 クラウド・アカウントおよびサービスの他の側面を管理するには、My Servicesダッシュボードを使用します。

2019年4月

My Servicesの新機能および変更された機能、サブスクリプション、およびOracle Cloudのその他の変更について学びます。

無料および有料Oracle Cloudプロモーションの新機能と変更された機能

機能 説明

無料Oracle Cloudプロモーション・ユーザー用の新規段階的サインアップ・フロー

新しい段階的なサインアップ・プロセスが、無料のOracle Cloudプロモーションを試行するユーザー向けに導入されました。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「無料Oracle Cloudプロモーションにサインアップ」を参照してください。

同様に、有料のクラウド・アカウントにサインアップするユーザーのサインアップ・プロセスも更新されています。

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「有料クラウド・アカウントに申し込む」を参照してください。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)を参照してください。

Oracle Supportへのアクセス

サポート契約がある場合には、My Oracle Supportを通して電子支援をご利用いただけます。 詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。


Oracle Cloudの新機能、リリース19.3

E70164-43

Copyright © 2015, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

My AccountアプリケーションとMy Servicesアプリケーションの新機能と変更された機能について説明するOracle Cloudユーザーおよび管理者向けのドキュメントです。

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。 ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。 このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合がありますまた、誤りが無いことの保証はいたしかねます。 誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs. No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアまたはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。 このソフトウェアまたはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、このソフトウェアまたはハードウェアを安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle およびその関連企業の登録商標です。 その他の名称は、他社の商標の可能性があります。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。 すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標または登録商標です。 UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。 適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に別段の定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。 適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。