機械翻訳について

アカウントのレプリケーション・ポリシーについて

Oracle Cloud at CustomerではなくこのトピックはOracle Cloud at Customerには適用されません。

Georeplicationについて

2018年3月以降にアカウントが作成された場合、Oracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicサブスクリプションがアクティブになると、アカウントのレプリケーション・ポリシーはデフォルトでanyに設定されます。

アカウント・レベルでデフォルトでanyポリシーが設定されているので、コンテナを作成し、そのコンテナに対して許可されたレプリケーション・ポリシーを設定できるようになりました。

2018年3月までにアカウントが作成された場合は、「2018年3月以前に作成されたアカウントのレプリケーション・ポリシーについて」をご覧ください。

アカウントのレプリケーション・ポリシーの確認

Webコンソールの使用

Oracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicアカウントに設定されているレプリケーション・ポリシーを調べるには、Webコンソールにサインインします。 「Account Information」を展開します。 あなたのアカウントの詳細は、「アカウント情報」ペインに表示されます。 「地層処分政策」フィールドを探します。

REST APIの使用

HEADリクエストを送信して、アカウントのレプリケーション・ポリシーの詳細を表示します。 出力でヘッダーX-Account-Meta-Policy-Georeplicationを探します。 アカウント・メタデータの取得を参照してください。