機械翻訳について

Object Storage Classicのインタフェースでサポートされているタスク

次の表を参考にして、Oracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicのインタフェースを選択してください。 「対応」は、そのインタフェースを使用してタスクを実行できることを示します。

タスク Web Console(Not available on Oracle Cloud at Customer) RESTful API Javaライブラリ Storage Software Appliance 1.4(Not available on Oracle Cloud at Customer) FTM API (バージョン2.4) FTM CLI (バージョン2.4)

アカウント・メタデータの設定

Yes

Yes

No

No

Yes

Yes

アカウント・メタデータの取得

Yes

Yes

No

No

Yes

Yes

コンテナの作成

Yes

Yes

Yes

Yes

「注意」を参照してください。

Yes

Yes

archiveコンテナの作成

Yes

Yes

No

Yes

Yes

Yes

コンテナの削除

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Yes

コンテナのリスト

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Yes

コンテナのカスタム・メタデータの設定

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Yes

コンテナACLの設定

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Yes

コンテナ割当て制限の設定

Yes

Yes

No

No

Yes

Yes

コンテナのレプリケーション・ポリシーの設定

No

Yes

No

No

Yes

Yes

コンテナ・メタデータの取得

Yes

Yes

No

No

Yes

Yes

コンテナ内のオブジェクトを不変にする

No

Yes

No

No

Yes

Yes

standardコンテナへのファイルのアップロード

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

archiveコンテナへのファイルのアップロード

Yes

Yes

No

No

Yes

Yes

複数のオブジェクトの並行アップロード

No

No

No

Yes

Yes

Yes

オブジェクトのリスト

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

オブジェクトの削除

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

単一操作での複数のファイルのアップロード

No

Yes

No

No

Yes

Yes

単一操作での複数のオブジェクトの削除

No

Yes

No

No

Yes

Yes

オブジェクトのダウンロード

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

複数のオブジェクトのダウンロード

No

No

No

Yes

Yes

Yes

オブジェクトのカスタム・メタデータの更新

No

Yes

Yes

No

Yes

Yes

オブジェクトの特殊なメタデータの更新

No

Yes

No

No

Yes

Yes

オブジェクトのコピー

No

Yes

No

No

Yes

Yes

オブジェクトの暗号化

No

No

Yes

Yes

Yes

Yes

archiveオブジェクトのリストア

Yes

Yes

No

Yes

Yes

Yes

中断したアップロードの再開

No

No

No

Yes

Yes

Yes

アップロードしたデータの整合性の確認

No

No

No

Yes

Yes

Yes

NFSプロトコルのサポート

No

No

No

Yes

No

No

アップロード・アクティビティの監視

No

No

No

Yes

Yes

No

暗号化キーのローテーション

No

No

Yes

Yes

Yes

Yes

ローカル・ディスク・キャッシュ

No

No

No

Yes

No

No

ネットワーク・スロットル

No

No

No

Yes

No

No

ラージ・ファイルの自動セグメント化

No

No

No

Yes

Yes

Yes

注意:

アップロード操作中、指定したコンテナが存在しない場合は作成されます。 ただし、空のコンテナは作成できません。