機械翻訳について

エンリッチメントの推奨の受入れ

エンリッチメント推奨を使用すると、データを改善または追加できます。

既存のデータ・セットをアップロードまたはオープンして、エンリッチメント推奨を使用してデータを変更できます。 データ・セットの変更後、プロジェクトを作成できます。 1つ以上のデータ・セットをプロジェクトに追加し、エンリッチメント推奨を使用してデータを変更できます。

エンリッチメント推奨で、状態名を持つ郵便番号属性列を拡張するなどのデータに情報を追加する場合は、郵便番号に関連付けられた都道府県の名前を含む新しい列がデータ・セットに追加されます。 推奨事項を選択すると、変更内容が準備スクリプトに追加されます。 変更を削除または元に戻すと、「推奨パネル」内の使用可能なオプションとして推奨が再び表示されます。

準備スクリプトを適用せずにプロジェクトまたはデータ・セットを閉じる場合は、実行したすべてのデータ変更が失われます。

  1. プロジェクトまたはデータ・セットを開きます。 プロジェクトで作業している場合は、「準備」キャンバスに移動します。 「データのプレビュー・パネル」で、エンリッチする列を選択します。
  2. 「推奨パネル」で、変更をプレビューする推奨を選択します。 推奨事項の横にあるチェック・マークをクリックして、準備スクリプトに変更を追加します。
  3. データ・セットにエンリッチメント推奨事項の実装を続けます。
  4. 「準備スクリプト・パネル」で、「適用スクリプト」をクリックして、データの変更をデータ・セット全体に適用します。
    プロジェクトで作業している場合は、「保存」をクリックし、「ビジュアル化」をクリックしてエンリッチされた列を確認します。

データ・アクセスの問合せモードが「ライブ」として設定されたデータ・セットを使用している場合、「エンリッチメント」または「部品抽出」推奨を選択すると、このタイプのデータ変換で変更が必要な場合は、「自動キャッシュ」モードであることを示すメッセージが表示されます。

これらのタイプの推奨では、Oracle BIサーバーの問合せ言語で完全にサポートされていない機能が使用されます。 結果としてOracle BIサーバーが問い合せるには、データ準備エンジンによってデータを実行し、Oracle BIサーバーが直接読み取るようにキャッシュに公開する必要があります。 また、このタイプの推奨事項では、補足データが外部データ・セット用のキャッシュ・データ・セットに挿入されます。

これらのセマンティック・タイプの推奨を使用するには、データ・セット(データベースからデータにアクセスする)の問合せモードを「自動キャッシュ」に変更する必要があります。