機械翻訳について

データ・フローへの累積値の追加

データをグループ化するには、集計の移動や実行などの累積集計関数を適用します。 移動集計では、行とその行の特定の数の値が集計されます。 集計の実行により、前述のすべての行の値が集計されます。 移動集計と実行集計はどちらも前述の行に基づいているため、行のソート順が重要です。 この順序は、集計の一部として指定できます。

累積値ステップは、「ステップ・エディタ」ペインに追加できます。
  1. 累積値列を追加するデータ・フローを作成するか開きます。
  2. 「ステップ(+)を追加」をクリックし、「累積値」を選択します。
  3. 累積値ペインで、新しい列に対して累積集計関数を指定します。
    フィールド 説明
    集計 データ列を選択します。
    関数 関数を選択します。 使用可能な関数のタイプは、データ列に基づきます。

    列のデータ型にファンクションとの互換性がない場合は、エラー・メッセージが表示されます。

    値を選択します。 このフィールドを編集できるのは、特定の機能についてのみです。

    値が正の整数でない場合、エラー・メッセージが表示されます。

    新規の列名 集計列名を変更します。

    2つの列が同じ名前の場合、エラー・メッセージが表示されます。

    (+)集計 新しい集計列を作成します。

    列を選択します。 集計列が定義されていない場合、エラー・メッセージが表示されます。

    (+)ソート列 データ列のソート基準列を選択します。

    リスト内でソート列を上下に移動するには、「オプション」をクリックします。 ソート順序を選択します。 同じ列に2つのソート順を追加すると、エラー・メッセージが表示されます。

    ソート順序リスト ソート順序タイプを選択します。

    使用可能なソート順序のタイプは、選択したデータ要素に基づきます。

    (+)再起動列 データ列の再起動列を選択します。

    「オプション」をクリックして、リスト内で再起動要素を上下に移動します。 再開要素を選択します。 重複する再起動列を追加すると、エラー・メッセージが表示されます。

    定義した値に基づいて、データ・プレビュー(新規列名など)が更新されます。

  4. 保存をクリックします。