機械翻訳について

カスタム・マップ・レイヤーの追加

マップ・ビジュアライゼーションで使用するカスタム・マップ・レイヤーを追加できます。

GeoJSONスキーマhttps://en.wikipedia.org/wiki/GeoJSONに準拠する拡張子が.jsonのジオメトリ・データ・ファイルを使用して、「データの視覚化」にカスタム・マップ・レイヤーを追加します。 次に、カスタム・マップ・レイヤーを使用して、プロジェクトでジオメトリ・マップ・データを表示します。 たとえば、Mexico_States.jsonファイルを追加して、メキシコの州のマップにジオメトリ・データをビジュアル化できます。
カスタム・マップ・レイヤーを作成する際は、マップ・ビジュアライゼーションで分析するデータ列に対応するレイヤー・キーを選択する必要があります。 たとえば、マップ・ビジュアライゼーションでメキシコの州データを分析する場合、メキシコの州のカスタム・マップ・レイヤーの追加から開始して、Mexican_States.jsonファイルからHASCコード・レイヤー・キーを選択します。 ここでは、Baja California州のジオメトリ・データの一部を示すMexican_States.jsonファイルからの抽出を示します。

mexstatesjsonbajasnap.gifの説明が続きます
図mexstatesjsonbajasnap.gifの説明

Mexican_States.jsonファイルを使用する場合、選択するレイヤー・キーは「メキシコの州データ」表で分析する列と一致する必要があります。 たとえば、メキシコの州のBaja Californiaのデータ・セルが存在する場合、対応する名前フィールドをJSONファイルで選択してマップ・ビジュアライゼーションに州名を表示します。 プロジェクトを作成して列(State、HASCなど)を選択すると、メキシコの州がマップに表示されます。 州にマウス・ポインタを合せると、各州のHASCコード(MX BNなど)がマップに表示されます。
  1. 「コンソール」ページを開き、「マップ」をクリックして「マップ・レイヤー」ページを表示します。

    システム・マップ・レイヤーおよびカスタム・マップ・レイヤーの管理時には、次のアクションを実行できます。

    実行できるアクション システム・マップ・レイヤー カスタム・マップ・レイヤー
    有効化 Yes Yes
    無効化 Yes Yes
    作成 No Yes
    削除 No Yes
  2. カスタム・マップ・レイヤーを追加するには、「カスタム・レイヤーの追加」をクリックするか、JSONファイルをFile Explorerから「カスタム・マップ」領域にドラッグ・アンド・ドロップします。
  3. 「オープン」ダイアログを参照し、JSONファイル(例: Mexico_States.json)を選択します。

    JSONファイルは、https://en.wikipedia.org/wiki/GeoJSONに指定されている標準に準拠したGeoJSONファイルである必要があります。

    線文字列ジオメトリ・タイプを使用するカスタム・レイヤーは完全にサポートされているわけではありません。 「「ビジュアライゼーションGrammer」ペイン」「色」および「サイズ」セクションは、線ジオメトリには適用されません。

  4. 「オープン」をクリックすると、「マップ・レイヤー」ダイアログが表示されます。
  5. 「名前」とオプションの「説明」を入力します。
  6. 「レイヤー・キー」リストから使用するレイヤー・キーを選択します。
    レイヤー・キーは、メキシコの各州のコードなど、各マップ機能のプロパティ属性です。 レイヤー・キーはJSONファイルに基づきます。 可能であれば、データに対応するレイヤー・キーのみを選択してください。
  7. 追加をクリックします。 プロセスが完了してレイヤーが追加されると、成功メッセージが表示されます。