機械翻訳について

ビジュアライゼーションへのデータ・インサイトの追加

機械学習によって提供された特定のデータ分析チャートを選択して、プロジェクトのビジュアライゼーション・キャンバスのビジュアライゼーションとして直接追加することができます。

  1. データ・ビジュアライゼーション・プロジェクトを作成するかまたは開きます。 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. データ・パネルで、データ要素(属性またはメジャー)を右クリックし、説明する<Data Element>を選択して、説明する<Data Element>ダイアログのタブを表示します:
    • 「<Data Element>に関する基本的なファクト」 - データ・セット全体のデータ要素(属性またはメジャー)値の基本的な分布、およびデータ・セット内の各メジャーに対するその内訳を表示します。
    • 「<Data Element>の主なドライバ」 - 選択したデータの結果とより関連性の高いデータ要素(属性またはメジャー)を表示します。 相関属性値のそれぞれに選択した属性値の分布を示すチャートが表示されます。
    • 「<Data Element>を説明するセグメント」 - 選択したデータ要素の値を予測できるすべてのレコードを調べた後、データ・セットのセグメントまたはグループを表示します。 特定のセグメントまたはグループを選択し、その分析を続けることができます。
    • 「<Data Element>の異常」 - 選択したデータ要素(属性またはメジャー)に関連付けることができる、データ・セットの異常または異常値のグループを表示します。 特定の異常グループをレビューして選択できます。
  3. 「説明」ダイアログを使用すると、ビジュアライゼーションの構成に役立ちます。
    • データ要素(属性またはメジャー)をクリックすると、選択したデータ要素の情報が下のセグメントで強調表示されます。

    • 複数のデータ要素(属性またはメジャー)を同時に選択して、セグメントの結果を表示できます。

    • セグメント内での情報の表示方法(高から低または低から高、色でグループ化、またはデータ要素値でソート)をソートすることもできます。

    • ディシジョン・ツリー内の各セグメントに関して、データ要素の割合およびセクションに関するその他のメタデータのサマリー・ルールが表示されます。 たとえば、特定のセグメントは、選択した属性(データ要素)の特定の割合が、ロケーション、データ・ポイント、別の属性またはメジャーなどの特定のグループに属していることを示します。 ロケーションなどの特定のグループを選択して、選択した属性を分析できます。

    • 「異常」セクションでは、予期されるパターンに適合しないデータ・ポイントが検索されます。

  4. データ・インサイト・チャートの上にマウス・ポインタを置くと、チェックマークがクリックされ、特定のチャートが選択されます。
  5. 「選択項目の追加」をクリックして、選択したチャートをプロジェクトのビジュアライゼーション・キャンバスに異なるビジュアライゼーションとして追加します。 キャンバスに手動で作成した他のビジュアライゼーションのように、データ・インサイトの視覚化を管理できます。