機械翻訳について

データ・フローへのフィルタの追加

フィルタを使用して、データ・フロー出力に含まれるデータの量を制限できます。 たとえば、列の売上収益データを、2010から2017までの年に制限するフィルタを作成できます。

「ステップ・エディタ」ペインにフィルタ・ステップを追加することで、データ要素をフィルタできます。
  1. フィルタを適用するデータ・フローを作成するか開きます。
  2. 「ステップ(+)を追加」をクリックし、「フィルタ」を選択します。
  3. フィルタペインで、フィルタ処理するデータ要素を選択します。
    フィールド 説明
    フィルタの追加(+) フィルタするデータ要素を「使用可能なデータ」ダイアログで選択します。 または、「データ・パネル」「データ要素」をクリックし、データ要素を「フィルタ」ペインにドラッグ・アンド・ドロップします。
    フィルタ・フィールド フィルタの値、データまたは選択内容(最大範囲、最小範囲など)を変更します。 データ要素に基づいて、特定のフィルタ・フィールドが表示されます。 データ要素に複数のフィルタを適用できます。
    フィルタ・メニュー・アイコン フィルタの選択を解除する関数を選択し、フィルタを無効化または削除します。
    フィルタ・ペインのメニュー・アイコン 関数を選択して、すべてのフィルタ選択をクリアし、すべてのフィルタを削除し、フィルタを自動適用します。 式フィルタの追加を選択できます。
    式フィルタの追加 式フィルタを追加する場合に選択します。 f(x)をクリックして関数タイプを選択し、ダブルクリックして「式」フィールドに関数を追加します。

    適用をクリックします。

    自動適用フィルタ デフォルト(オン)など、フィルタの自動適用オプションを選択します。

    データ・プレビューは、適用されたフィルタを使用して更新されます。

  4. 保存をクリックします。