機械翻訳について

プロジェクトへのシナリオの追加

使用可能な機械学習モデルのリストから選択し、モデルをプロジェクト内の既存のデータ・セットに結合してから、ビジュアライゼーション内の結果のモデル列を使用することで、プロジェクト内でシナリオを適用できます。

シナリオでは、仮想モデルの出力列のセットを追加してブレンドされたレポートを作成できます。これは、プロジェクトにデータを直接追加してブレンドされたビジュアライゼーションを作成する場合とは異なります。 特定のビジュアライゼーション内の関心があるデータのサブセットに対して予測値を使用できます。 仮想データ・セット列は物理的には存在せず、モデル出力を表し、その値はビジュアライゼーションで使用される際に動的に生成されます。
  1. シナリオを適用する「データの視覚化」プロジェクトを作成するか開きます。
    「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. シナリオを追加するには、次のいずれかを実行します:
    • 「追加」をクリックし、「シナリオの作成」を選択します。
    • 「データ・パネル」で、データ・セットを右クリックして、「シナリオの作成」を選択します。
  3. 「シナリオの作成 - モデルの選択」ダイアログで、モデルの名前を選択してOKをクリックします。
  4. モデルへのデータのマップダイアログで、様々なオプションを指定します。
    • 複数のデータ・セットがあるプロジェクトで、「データ・セット」をクリックして、モデルにマップするデータ・セットを選択します。
    • 表で、「列の選択」をクリックして、列をモデル入力と照合します。

      各モデルには、データ・セットからの対応する列と一致する必要がある入力(つまり、データ要素)があります。 モデル入力のデータ型(列名など)が列と一致する場合、入力と列は自動的に照合されます。 モデル入力のデータ型がいずれの列とも一致しない場合は、適切なデータ要素を手動で指定する必要があります。

      「すべての入力の表示」をクリックして、モデル入力およびそれらが一致するデータ要素を表示します。 または、「不一致入力の表示」をクリックして、列と一致しないモデル入力を表示します。

  5. OKをクリックして、生成されるモデル列を「データ・パネル」に追加します。 これで、データ・セット列とともにモデル列を使用できるようになりました。
  6. 「データ・パネル」から「ビジュアル化」キャンバスのドロップ・ターゲットに、1つ以上のデータ・セットおよびモデル列をドラッグ・アンド・ドロップします。 列をダブルクリックしてキャンバスに追加することもできます。
1つ以上のシナリオを同じデータ・セットまたは異なるデータ・セットに追加できます。 「データ・パネル」モデルを右クリックし、次のいずれかのオプションを選択します:
  • 「シナリオの編集」 - 「モデルへのデータのマップ」ダイアログを開き、シナリオを編集します。
  • 「データのリロード」 - シナリオの編集後にモデル列を更新します。
  • 「プロジェクトから削除」 - 「シナリオの削除」ダイアログを開き、シナリオを削除します。