機械翻訳について

日付または時間列の表示書式の調整

書式および粒度レベルを指定して、日付または時間列の表示書式を調整できます。

たとえば、トランザクション日列(デフォルトではNovember 1, 2017などの長い日付書式を表示するように設定)の書式を、国際標準組織(ISO)の日付書式(2017-11-01など)のかわりに表示するように変更できます。 粒度のレベル(年、月、週、日など)を変更する場合があります。
  1. 更新する日付および時間列を含むプロジェクトまたはデータ・セットを開きます。 プロジェクトで作業している場合は、プロジェクト「準備」キャンバスで作業していることを確認してください。
  2. 編集する日付または時間列をクリックします。
    たとえば、データ・パネルのデータ要素領域で日付をクリックするか、メインの編集キャンバスで日付要素をクリックするか、日付要素の上にマウスを置きます。
  3. メインの編集キャンバスで作業している場合、次のいずれかを実行して書式を調整します:
    • 「オプション」「抽出」の順にクリックして日付または時間の一部(年や四半期のみなど)を表示します。

    • 「オプション」をクリックしてから「編集」をクリックすると、複雑な関数(演算子、集計、またはコンバージョンなど)を作成するための式エディタが表示されます。

    • 「プロパティ・ペイン」「日付書式/時間書式」タブをクリックし、日付、時間を調整するオプション(たとえば、「フォーマット」をクリック)を使用して短い、中、または長い日付形式を選択するか、「カスタム」を選択してカレンダ文字列を編集して独自の形式を指定します表示されます。

  4. データ・パネルのデータ要素領域で作業している場合、次のいずれかを実行して書式を調整します。
    • カレンダ列の一部のみ(たとえば、年または四半期のみ)を表示する場合、カレンダ列を選択して展開し、ビジュアライゼーションに表示する日付の部分を選択します。 たとえば、注文が行われた年のみをビジュアル化するには、Order DateをクリックしてYearを選択します。
    • 「プロパティ・ペイン」「日付書式/時間書式」タブをクリックし、オプションを使用して日付または時間を調整します。
  5. 表ビューを使用している場合は、列ヘッダーを選択し、「オプション」をクリックしてから、プロパティ・ペインで日時書式をクリックし、その列の書式を表示または更新します。