機械翻訳について

高度な手法: HTMLタグを使用した書式設定

管理者権限がある場合は、一部のダイアログでHTMLマークアップを含むオプションが表示されます。

このオプションにより、JavaScriptを含む有効なHTMLマークアップを使用してコンテンツを書式設定できます。 追加の書式設定を含める場合は、HTMLマークアップの先頭に@を付けます。 カスタム書式設定をサポートしないデバイスでは、@の後のマークアップは単に無視され、書式設定されずにコンテンツが表示されます。

たとえば、次のHTMLマークアップでは、表とピボット表の列の幅および高さが設定されます。 接頭辞@[html]は、HTMLを適用することを意味します。

@[html]<span style="width:200px; height:50px>@</span>

書式設定を適用可能な場所ではHTMLマークアップを含むオプションが使用できます。

  • 分析:

    • 分析エディタ。

    • 分析プロパティダイアログ内。

    • 列のプロパティダイアログ内。

    • 新規計算済メジャーダイアログ内。

  • ダッシュボード:

    • ダッシュボードのプロパティダイアログ内。

次にいくつかの例を示します。 実際の使用目的と類似する例がある場合は、その例をコピーして貼り付けた後、必要に応じて変更します。

HTML要素 使用上の注意および使用例

テキスト

任意のHTMLタグを使用してテキストの書式を制御できます。 例:

  • テキストをセクションの中央に配置する場合:

    <CENTER>中央に配置されるテキスト</CENTER>

  • テキストを太字にする場合:

    <B>太字のテキスト</B>

  • フォント・サイズおよび色を設定する場合:

    <FONT SIZE="4" COLOR="red">赤いテキスト</FONT>

タグを結合して効果を付加する場合:

<CENTER><B><FONT COLOR="red">中央に配置される太字の赤いテキスト</FONT></B></CENTER>

JavaScript

ブラウザによってサポートされている自己包含スクリプトを使用します。 HTMLテキストウィンドウにスクリプトを、開始タグ<script>および終了タグ</script>を含めて貼り付けるか入力します。

開始タグ<SCRIPT>でJavaScriptを指定します: <SCRIPT LANGUAGE="javascript">