機械翻訳について

高度な手法: 別の分析から書式設定をインポート

保存済の分析およびそのビューの書式設定をインポートすることで、新規または既存の分析をすばやく書式設定できます。 このタスクは、ほとんどのユーザーには不要です。

たとえば、Last Year's Brand Revenue分析のStore、CityおよびProduct列にそれぞれ異なる色を適用しているとします。 列の色書式をインポートすることにより、This Year's Brand Revenue分析に同じ色を適用できます。

  • 書式設定をレイアウト内の適用可能なすべてのビューにインポートするには、複合レイアウトツールバーで書式設定のインポート・ボタンをクリックします。

  • 編集中のビューにのみ書式設定をインポートするには、ビュー・エディタのツールバーで書式設定のインポート・ボタンをクリックします。

書式設定は、複合レイアウトの列、ビューまたはビュー・コンテナに適用される書式設定をインポートするかどうかに応じて、やや異なる方法で適用されます。 この表は、サポートされているビューのタイプと形式を示しています。

ビュー・タイプ 書式設定

ナレーティブ

テキストのフォント色のみ

ピボット表、表およびトレリス

列、緑色の棒の指定、小計と総計およびセクションのプロパティ

静的テキスト

テキストのフォント色のみ

タイトル

タイトル、ロゴ、サブタイトルおよび開始時間

ビュー・セレクタ

キャプションのみ

列からの書式設定の適用について

列からの書式設定の適用は、保存済の分析にターゲットの分析と同じ数の列が含まれるビューに最適です。

単一の列の場合、書式設定は、ターゲットの分析の表、ピボット表およびトレリスのすべての列に適用されます。

複数の列の場合、書式設定は、列の見出しおよび値に対して左から右の順に適用されます。 保存済分析内にある列がターゲット分析内よりも少ない場合、保存済分析の最後の列の書式設定がターゲットの後続の列で繰り返されます。

たとえば、保存済分析に順に赤、緑、青、黄の色の4つの列があるとします。 ターゲット分析の6つの列に適用すると、色の順序は赤、緑、青、黄、黄、黄になります。

ビューからの書式設定の適用について

あるタイプのビューの書式設定をインポートすると、ターゲット分析に含まれる同じタイプのすべてのビューにその書式設定が適用されます。

たとえば、表のカスタム書式設定を3つの表を含むターゲット分析にインポートするとします。 カスタム書式設定は3つすべてに適用されます。

コンテナからの書式設定の適用について

複合レイアウトで、コンテナを表示するための背景色、枠線、パディングを含む書式設定プロパティを指定できます。

コンテナ書式設定をインポートする場合、ターゲットの分析のビューは、保存済の分析のビューのとおりにコンテナの書式設定プロパティを継承します。

ただし、2つの分析のビューのレイアウトが正確に同じである必要はありません。 ターゲットの分析に、ソースの分析よりも多くのビューが含まれる場合、余りのビューもインポートされた書式設定を継承します。

たとえば、保存済の分析に、レイアウト列で積み重ねられている2つの表が含まれており、ターゲットの分析に、2つのレイアウト列の間で分割された4つの表があるとします。 書式設定をインポートすると、ターゲットの分析の最初のレイアウト列および2番目のレイアウト列のそれぞれの2つの表で、書式設定を継承します。

保存済分析からターゲット分析への書式設定のインポート

1つの分析から別の分析に書式設定をインポートできます。

たとえば、1つの列がある分析があり、フォント・ファミリ、水平位置合せ、背景色などの書式設定を適用したとします。 分析を保存して、別の分析に含まれるすべての列に同じ書式設定を適用できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 結果タブにターゲットの分析を表示するか、またはビューを編集します。
  3. ツールバーの別の分析から書式設定をインポートをクリックします。
  4. 分析の選択ダイアログで、保存済の分析に移動します。
  5. OKをクリックします。