機械翻訳について

高度な手法: 直接データベース・リクエストの発行

管理者から適切な権限が付与されている場合、接続プールおよびデータベース固有のSQL文を使用して、バックエンド・データベースへの直接リクエストを作成および発行できます。

トピック:

SQL文を変更して、データベース・リクエストの結果列を確認および変更することもできます。 変更を加え、必要な結果を取得した後、結果をダッシュボードおよびエージェントに取り込むことができます。

直接データベース・リクエストに必要な権限

管理者は、「クラシック管理」ページの「権限の管理」ページを使用して、直接データベース・リクエストに対するアクセス権限を表示および設定できます。

直接データベース・リクエストを作成および発行するには、次の権限が付与されている必要があります:
  • 直接データベース分析の編集 - 直接データベース・リクエストを作成および編集できます。
  • 直接データベース分析の実行 - 直接リクエストを発行し、結果を表示できます。

Oracle Analytics Cloud用に最適化されているため、デフォルトの権限を保持することをお薦めします。 権限を編集すると、予期しない動作または機能へのアクセスが発生する可能性があります。

直接データベース・リクエストの作成および実行

データベースへの直接リクエストは、クラシック・ホーム・ページから作成できます。

データのセキュリティ・ルールは無視され、直接データベース・リクエストの作成時には適用されません。
  1. クラシック・ホーム・ページの「作成」ペインで「分析」をクリックします。 または、クラシック・ホーム・ページで「新規」をクリックし、「分析」を選択します。
  2. 「件名エリアを選択」ダイアログで、「直接データベース問合せの作成」をクリックします。
  3. 基準タブで、接続プールおよび問合せ文を入力します:
  4. 「SQLの検証および列の取得」をクリックし、「結果列」フィールドに取得された列を確認します。
  5. 「結果」タブをクリックしてリクエストを発行し、結果を表示します。 基準タブで指定したSQL文でデータベースからデータが取得されなかったため、「結果列」フィールドには列が表示されないことがあります。
直接データベース・リクエストから発生した列の分析では実行できないファンクションがいくつかあります:
  • リポジトリの列を操作していないため、「サブジェクト領域」ペインで列を選択します。
  • この分析のグループまたは選択ステップを作成します。
  • 列に対する条件付き書式設定を指定します。
  • ピボット表、表またはトレリス・ビューの列ヘッダーにある「昇順ソート」および「降順ソート」オプションを使用して、取得された列の値をソートします。