機械翻訳について

高度なトピック

日付パラメータを増分し、宛先ファイル名を動的に定義できます。

増分日付パラメータ

レポート日付パラメータ・フィールドに式を指定できます。

スケジュールされたレポートに日付パラメータが含まれている場合、スケジュール日に値を入力すると、日付の値は変更できません。 レポートのスケジュール済インスタンスが実行されるたびに、同じ日付パラメータが使用されます。 実行のたびに日付パラメータを変更する必要がある場合は、スケジューラの日付パラメータ・フィールドに式を入力して、レポート・ジョブが実行されるたびに日付を計算できます。

たとえば、前の週のデータを取得するために毎週月曜日に実行されるレポートのスケジュールを作成する場合、前の週の最初の日と最後の日の日の値を増加させるように、このレポートの日付パラメータを更新する必要があります。

次に示す関数のいずれかを、レポートのスケジュールされた実行時に該当する日付を計算するための構文を使用して入力します:

  • {$SYSDATE()$} - 現在の日付(BI Publisherが実行されているサーバーのシステム日付)。

  • {$FIRST_DAY_OF_MONTH()$} - 現在の月の初日

  • {$LAST_DAY_OF_MONTH()$} - 現在の月の最後の日

  • {$FIRST_DAY_OF_YEAR()$} - 現行年度の初日

  • {$LAST_DAY_OF_YEAR()$} - 現行年度の最終日

パラメータ値の日付関数コールは、レポート・ジョブがスケジューラによって実行されるまで評価されません。

次のように、プラス記号(+)およびマイナス記号(-)を使用して、日数を加算または減算する式を入力することもできます:

  • {$SYSDATE()+1$}

  • {$SYSDATE()-7$}

この例では、前週からデータを取得するために、スケジュールを実行するたびに、レポート日付パラメータ・フィールドに次のように入力します:

  • 開始日: {$SYSDATE()-7$}

  • 終了日: {$SYSDATE()-1$}

日付関数は、データ・モデルのデフォルト・パラメータ値として設定できます。 この場合、ユーザーがレポート・ビューアからレポートを表示するたびに、デフォルト値に指定された式に従って日付パラメータが計算されます。

日付式を使用した宛先ファイル名の動的な定義

WebフォルダやFTPの宛先となるリモート・ファイル名を入力する際に、日付式を入力してファイル名に動的に日付が含まれるようにすることができます。 この日付は、実行時にサーバーのタイムゾーンを使用して設定されます。

日付式については、次の表で説明します。

説明

%y

年を4桁で表示: 例: 2011

%m

月を2桁で表示: 01-12 (ここで、01 = 1月)

%d

日付を2桁で表示: 01-31

%H

24時間制の2桁で時を表示: 00-24

%M

分を2桁で表示: 00 - 59

%S

秒数を2桁で表示: 00 - 59

%l

3桁のミリ秒を表示: 000 - 999

後ろに日付が付加されたファイル名、および前に日付が付加され、後ろに時間が付加されたファイル名を作成するには、次のステップを使用します。

次のような日付、月および年が付加されたファイル名を作成します:

myfile_01_11_2010.pdf

次のように入力します。

myfile_%d_%m_%y.pdf

先頭に日付、月および年を付加し、次のように時間および分を追加するファイル名を作成します:

01_01_2010_myfile_22_57.pdf

次のように入力します。

%d_%m_%y_myfile_%H_%M.pdf

ファイル名にmy_file_%a%b%c.pdfなどの未定義の式が含まれている場合、ファイルはmy_file_%a%b%c.pdfという名前で作成されます。