機械翻訳について

データ・フローへの増分処理の適用

増分処理を使用して、データ・フローで最後に処理されたデータを判別し、新しく追加されたデータのみを処理します。

  1. データ・セットの増分識別子としてデータ要素列を選択します。

    増分識別子は、データベース接続をソースとするデータ・セットにのみ選択できます。

    1. 「データ」ページに移動し、「データ・セット」を選択します。

    2. データ・セットを選択し、「アクション・メニュー」をクリックするか、右クリックして「オープン」を選択します。

    3. 「結果」ツールバーの「データセットの編集」をクリックします。

    4. ダイアグラムでデータ・セット・ノードを選択します。 「新規データ・インジケータ」リストから列を選択し、「保存」をクリックします。

  2. 増分識別子を選択したデータ・セットを使用して、増分処理をデータ・フローに適用します。

    1. 増分処理を適用するデータ・フローを作成するか開きます。

    2. 「データ・フロー」エディタでデータ・セットを選択します。

    3. 「ステップ・エディタ」ペインで「新規データのみ追加」を選択して、データ・セットを増分としてマークします。

    4. 保存をクリックします。

複数のデータ・セットがあるデータ・フローでは、1つのデータ・セットのみを増分として選択できます。 増分として2つ目のデータ・セットを選択しようとすると、警告メッセージが表示されます。 Yesをクリックして、「新規データのみ追加」を選択した2番目のデータ・セットの増分処理を有効にします。 最初のデータ・セットでは、増分処理の選択は解除されています。