機械翻訳について

ブランチを使用したデータ・フローでの複数のパイプラインの作成

データ・フローをダウンストリーム・ノードへの複数の接続に分岐し、データ・フローから複数の出力を作成できます。 たとえば、販売トランザクションのデータ・セットからデータ・フローを作成し、ブランチを作成して、売上トランザクションのリージョン(西部、東部など)に基づいて、複数のデータ・セットにデータを保存できます。

「ステップ・エディタ」ペインに「ブランチ」ステップを追加します。
  1. 複数のサブセットに分岐するデータ・フローを作成するか、または開きます。 「結合」ステップの前または後に「ブランチ」ステップを追加できます。
    または、複数のサブセットにブランチするデータ・セットからデータ・フローを作成します。
  2. 「ステップの追加」ダイアログで「ステップ(+)を追加」をクリックし、「ブランチ」を選択します。
    「ブランチ」ステップと2つの「データの保存」ステップがデータ・フローに追加されます。
  3. ブランチ・ペインの「分岐先」フィールドで、ブランチする接続または出力の数を指定します。
    • 「データの保存」のステップ数は、「分岐先」フィールドの数に直接関係します。
    • 「分岐先」フィールドには、最小値は2、最大値は5です。 接続数または出力数は「分岐先」フィールドのみで増加できます。
    • 接続または出力を削除できます。 ステップの追加ダイアログで、Xをクリックするか、「データの保存」ステップを右クリックして「削除」を選択します。
    • 「データの保存」ステップが2つしかないときに、1つ削除すると、「ブランチ」ステップも削除されていることを示す警告メッセージが表示されます。 Yesをクリックして「ブランチ」ステップを削除します。 データ・フローには、1つの「データの保存」ステップのみが追加されます。
  4. データの保存ステップをクリックし、データセットを保存ペインで出力データ・セットを保存するためのプロパティを指定します:
    • 「データを保存」 - データ・セット・ストレージやデータベース接続など、データ・セットを格納するロケーションを指定します。

      データベース接続を選択した場合は、「接続」「表」および「実行時」オプションの値を指定します。

    • 「実行プロンプトでデータ・セットを指定するタイミング」 - オプションを選択し、次のパラメータを指定: 名前とプロンプト。
    • 「列」 - 必要に応じて、列をメジャーや属性に変更するかどうかを指定します。 メジャーの場合は、集計タイプ(合計、平均、最小、最大、カウントなど)を指定します。
  5. 「データ・フローの実行」をクリックしてデータ・フローを実行します。 検証エラーがない場合、完了メッセージが表示されます。 「データ」ページに移動し、「データ・セット」を選択してリストに結果のデータ・セットを表示します。
    または、「保存」または「別名保存」をクリックします。 「データ・フローを保存」ダイアログに、データ・フローを識別するための「名前」「説明」を入力します。 「データ」ページで、「データ・フロー」を選択して結果のデータ・フローをリストに表示します。