機械翻訳について

式フィルタのビルド

式フィルタを使用すると、SQL式でより複雑なフィルタを定義できます。 式フィルタでは、ゼロ個以上のデータ要素を参照できます。

たとえば、"Sample Sales"."Base Facts"."Revenue" < "Sample Sales"."Base Facts"."Target Revenue"という式フィルタを作成できます。 フィルタを適用すると、ターゲット売上を達成しなかった項目が表示されます。

式ビルダーを使用して式を作成します。 データ要素を式ビルダーにドラッグ・アンド・ドロップして、適用する演算子を選択できます。 適用する前に、式は有効化されます。 式の作成についてを参照してください。

  1. ビジュアル化キャンバスで、フィルタ・バーに移動してアクションをクリックしてから、式フィルタの追加を選択します。
  2. 式フィルタパネルで式を作成します。
  3. ラベルフィールドに式の名前を指定します。
  4. 検証をクリックして、構文が正しいかどうかを確認します。
  5. 式フィルタが有効である場合は、適用をクリックします。 キャンバスの可視化に式が適用されます。