機械翻訳について

データ・パネルからのデータの追加によるビジュアライゼーションの構築

メジャー、テキストまたは属性などのデータ要素を「データ・パネル」からキャンバスに追加することにより、ビジュアライゼーションを構築できます。

データ追加の様々な方法

様々な方法を使用して「データ・パネル」からデータを追加し、キャンバス上のビジュアライゼーションを作成または更新します。

次のいずれかの方法を使用し、「データ・パネル」からデータを追加します。

  • 「データ・パネル」からデータ要素をドラッグし、キャンバスにドロップします。
  • 「データ・パネル」でデータ要素を選択するか、[Shift]キーまたは[Ctrl]キーを押しながらクリックして複数のデータ要素を選択してから、右クリックして特定のビジュアライゼーション・タイプまたはオプションを選択し、ビジュアライゼーションを自動的に作成します。
  • 「データ・パネル」でデータ要素をダブルクリックするか、[Shift]キーまたは[Ctrl]キーを押しながらクリックして複数のデータ要素を選択してから、右クリックしてこれらをキャンバスに追加します。

既存のビジュアライゼーションを更新する場合、「データ・パネル」からキャンバス上の文法パネルまたは割当てペインにデータを追加できます。 文法パネルまたは割当てペインの領域間でデータ要素を移動できます。 ビジュアライゼーションが選択内容に基づいて更新されます。

「データ・パネル」「ビジュアライゼーション」タブからビジュアライゼーション・タイプを選択してデータ要素をキャンバスに追加すると、ビジュアライゼーションを作成できます。

最良のビジュアライゼーションの自動作成

データ要素のセットに基づいてキャンバスで最適なビジュアライゼーションを自動的に作成できます。

  1. 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 自動的にキャンバスにビジュアライゼーションを作成するには、次のいずれかを実行します。
    • 「データ・パネル」からデータ要素をドラッグし、キャンバスに直接ドロップします。
    • 「データ・パネル」でデータ要素を右クリックし、「最良のビジュアライゼーションの作成」をクリックします。
    • データ要素をダブルクリックし、キャンバスに追加します。
    ビジュアライゼーションがキャンバスに自動的に作成され、事前定義済ロジックに基づいて最適なビジュアライゼーション・タイプが選択されます。 選択されたデータ要素も文法パネルの特定の領域に配置されます。 たとえば、売上メジャーをキャンバスに追加すると、データ要素は文法パネル「値」領域に配置され、「タイル」がビジュアライゼーション・タイプとして選択されます。
  3. 引き続きキャンバスに直接データ要素を追加し、ビジュアライゼーションを構築します。

さらにデータ要素をキャンバスに追加すると、文法パネルのデータ要素のビジュアライゼーション・タイプおよび位置が変更される場合があります。

次のようなアクションを実行する場合、自動的にビジュアライゼーションを作成するモードをオフにします。

  • タイプなどのビジュアライゼーション・プロパティの変更。
  • 「データ・パネル」「分析」タブに対する分析の追加または除去。
  • 文法パネルまたは割当てペインの特定の領域へのデータ要素のドロップ。
  • フィルタ設定の変更。

ビジュアライゼーションの自動作成モードがオフになっている場合、ウィザード・アイコンまたはビジュアライゼーション・タイプ・リストの「自動ビジュアライゼーション」を選択して自動作成モードをオンにできます。

文法パネルを使用したビジュアライゼーションへのデータの追加

プロジェクトのデータ・セットを選択した後、ビジュアライゼーションへのメジャーや属性などのデータ要素の追加を開始できます。

データ・セットから互換性のあるデータ要素を選択し、「ビジュアル化」キャンバスの文法パネルにドロップできます。 選択内容に基づいて、キャンバスにビジュアライゼーションが作成されます。 文法パネルには、「列」、「行」、「値」、「カテゴリ」などのセクションがあります。



  1. プロジェクトを開くか、作成します。
  2. プロジェクトを作成した場合は、それにデータ・セットを追加します。
  3. 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。

    次のいずれかの方法を使用し、文法パネルにデータ要素を追加します。

    特定の文法パネル・セクションには、属性およびタイプに基づくデータ要素のみをドロップできます。

    • 「データ・パネル」から「ビジュアル化」キャンバスの文法パネルに、1つ以上のデータ要素をドラッグ・アンド・ドロップします。

      データ要素は自動的に配置され、必要に応じてビジュアライゼーションが変更されてそのレイアウトが最適になります。

    • データ要素を「データ・パネル」から既存のデータ要素にドロップし、データ要素を置き換えます。
    • すでに「ビジュアル化」キャンバス内にあるデータ要素をドラッグして別のデータ要素にドロップすることで、データ要素を入れ替えます。
    • 文法パネル・セクションに複数のデータ要素がある場合は、文法パネル・セクションのデータ要素(列、行、値など)を並べ替えてビジュアライゼーションを最適化します。
    • 文法パネルのデータ要素を選択してデータ要素を除去し、「X」をクリックします。

割当てパネルを使用したビジュアライゼーションへのデータの追加

割当てパネルを使用すると、コンテンツの検索に最適な場所にデータ要素を配置しやすくなります。

割当てパネルにデータ要素を追加する前に、プロジェクトを作成するか既存のプロジェクトを開き、1つ以上のデータ・セットをプロジェクトに追加する必要があります。 割当てパネルのセクションは文法パネルと同じです。
  1. 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. キャンバスでビジュアライゼーションを選択します。

    別の方法としては、データ要素を空白のキャンバスに、またはキャンバス上のビジュアライゼーション間でドラッグ・アンド・ドロップして、新しいビジュアライゼーションを作成します。

  3. データ要素をビジュアライゼーションに(特定のドロップ・ターゲットにではない)ドラッグします。ビジュアライゼーション内の推奨される割当てのまわりに青い枠線が表示されます。

    割当てパネルのデータ要素にカーソルをあわせて、他の有効な割当てを識別します。

  4. 選択した割当てにデータ要素をドロップします。
割当てパネルを表示するには、ビジュアライゼーション・ツールバーの「割当ての表示」をクリックします。

ビジュアライゼーションのツールチップの変更

ビジュアライゼーションでデータ・ポイントにカーソルを合せると、ツールチップが表示され、データ・ポイントに関する特定の情報が提供されます。 すべてのツールチップを表示するか、文法パネルの「ツールチップ」セクションに含まれるメジャーのみを表示するかを選択できます。

たとえば、南北アメリカ地域の国の収益を示す単純な棒グラフのビジュアライゼーションを作成すると、ツールチップには地域の名前、国の名前、および正確な収益金額が表示されます。 文法パネルの「ツールチップ」セクションにターゲット収益を追加すると、ターゲット収益金額がツールチップに表示され、ユーザーは実際の収益をターゲット収益と簡単に比較できます。 ツールチップにターゲット収益金額のみを含める場合は、「一般プロパティ」ペインの「ツールチップ」フィールドを「ツールチップ文法のみ」に設定します。
以下の制限に注意してください。
  • 文法パネルの「ツールチップ」セクションにはメジャー列のみをドラッグ・アンド・ドロップできます。
  • 文法パネルの「ツールチップ」セクションは、すべてのビジュアライゼーション・タイプに表示されるわけではありません。
  1. 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認し、ビジュアライゼーションを選択します。
  2. 「データ・パネル」から文法パネルの「ツールチップ」セクションに1つ以上のメジャー列をドラッグ・アンド・ドロップします。
    ビジュアライゼーションでデータ・ポイントにマウス・ポインタを合せると、ツールチップが表示されます。 デフォルトで、「ツールチップ」フィールドは「すべてのデータ」に設定されるため、ツールチップにはビジュアライゼーションに含まれるすべての列のデータ・ポイント値が含まれます。 「ツールチップ」セクションに追加した列のデータ値は、ツールチップの下部に表示されます。
  3. (オプション)「ツールチップ」フィールドを使用して、必要なデータ値のみを表示したり、ツールチップをオフにします。
    • 「ツールチップ」セクションにドラッグした列のみのデータ値をツールチップに表示する場合は、「ツールチップ」フィールドを「ツールチップ文法のみ」に設定します。
    • ツールチップを表示しない場合は、「ツールチップ」セクションに列がないことを確認し、「ツールチップ」フィールドを「ツールチップ文法のみ」に設定します。