機械翻訳について

ビジュアライゼーション・タイプの変更

探索しているデータに最も適した視覚化タイプを変更することができます。

プロジェクトを作成してデータ要素をキャンバスに追加する際に、「自動視覚化」モードでは、選択されたデータ要素に基づいて最適なビジュアライゼーション・タイプが選択されます。 デフォルトでは、「自動視覚化」モードがオン(選択済)です。 さらにデータ要素を追加すると、ビジュアライゼーション・タイプは自動的に更新され、データ要素に基づいて最適なタイプが選択されます。

他のビジュアライゼーション・タイプを使用する場合は、ビジュアライゼーション・タイプ・リストからそれを選択する必要があります。 ビジュアライゼーション・タイプを変更すると、「自動視覚化」モードがオフになります。 「自動視覚化」モードがオフ(選択解除)の場合、キャンバスにさらにデータ要素を追加しても、ビジュアライゼーション・タイプは自動的に変わりません。

  1. ビジュアル化キャンバスで作業していることを確認します。 キャンバスで可視化を選択して、可視化ツールバーで可視化タイプの変更をクリックします。
  2. ビジュアライゼーション・タイプを選択します。 たとえば、ビジュアライゼーション・タイプをピボットからツリーマップに変更します。

    可視化タイプを変更すると、一致するドロップ・ターゲット名にデータ要素が移動されます。 新しいビジュアライゼーション・タイプに対応するドロップ・ターゲットが存在しない場合、「未使用」というラベルの「文法パネル」セクションにデータ要素が移動されます。 その後、それらを、希望する「文法パネル」セクションに移動できます。