機械翻訳について

ブレンドしたデータの不一致値について

「データの視覚化」では、データ・セットに表示される予定のデータ行が省略されることがあります。 これは、プロジェクトに属性および値が混在する2つのデータ・セットからのデータが含まれ、1つのソースに一致した値があり、もう1つのソースには存在しません。 これが行われた場合、データ・ブレンドに使用するデータ・セットを指定する必要があります。

次の図に示すように、わずかに異なる行を持つ2つのデータ・セット(ソースAとソースb)があるとします。 Source AにはIN-8が含まれておらず、Source BにはIN-7が含まれていないことに注意してください。



ソースAの「すべての行」データ・ブレンド・オプションを選択し、ソースBの「一致した行」データ・ブレンド・オプションを選択すると、次の結果が表示されます。 IN-7はSource Bに存在しないため、結果にはnullのRepとnullのBonusが含まれます。



ソースAの「一致した行」データ・ブレンド・オプションを選択し、ソースBの「すべての行」データ・ブレンド・オプションを選択すると、次の結果が表示されます。 IN-8はSource Aに存在しないため、結果にはnullのDateとnullのRevenueが含まれます。



Source Aのビジュアライゼーションには属性としてDateが含まれ、Source Bには属性としてRepが含まれ、一致する列はInv#です。 ディメンション・ルールのもとでは、一致列も使用しないかぎり、他方の表からこれらの属性をメジャーとともに使用することはできません。

ブレンド表には属性とメジャーの両方を含む2つの設定があります。 ビジュアライゼーションに使用される列に応じて、各ビジュアライゼーションに個別に設定されます。 設定は「すべての行」「一致した行」で、ビジュアル化するデータを返すときにシステムが使用するソース行を記述します。

システムは、次のルールに従ってデータ・ブレンドを自動的に割り当てます。

  • ビジュアライゼーションに一致列が含まれる場合、一致列のあるソースが「すべての行」に設定されます。
  • 可視化に属性が含まれる場合、システムはそのソースを「すべての行」に設定し、他のソースを「一致した行」に設定します。
  • 可視化の属性が同じソースから来た場合、システムはソースを「すべての行」に設定し、他のソースを「一致した行」に設定します。
  • 属性が複数のソースから取得されている場合、プロジェクト要素パネルの最初にリストされているソースは、「すべての行」に設定され、他のソースは「一致した行」に設定されます。