機械翻訳について

式の作成

式ウィンドウを使用して、式フィルタまたは計算で使用する式を作成できます。 式フィルタに対して作成する式はブール(つまり、trueまたはfalseに評価される式)である必要があります。

式フィルタと計算の両方に対して式を作成しますが、最終結果は異なります。 計算は、可視化に追加できる新規データ要素です。 他方で、式フィルタはフィルタ・バー内にのみ表示され、データ要素としてビジュアライゼーションに追加することはできません。 式フィルタは計算から作成できますが、計算を式フィルタから作成することはできません。 「計算済データ要素のビルド」「式フィルタのビルド」を参照してください。

式は様々な方法で作成できます。
  • 式ウィンドウにテキストと関数を直接入力できます。

  • データ要素ペインからデータ要素を追加(ドラッグ・アンド・ドロップまたはダブルクリック)します。

  • 関数パネルから関数を追加(ドラッグ・アンド・ドロップまたはダブルクリック)します。

式エディタのリファレンスを参照してください。