機械翻訳について

データ準備時のビン列の作成

メジャーをビン化すると、メジャーの値に基づいて新しい列が作成されます。

ビンに値を動的に割り当てるには、均等化されたビンの数を作成するか、各ビンに値の範囲を明示的に指定します。 データ要素に基づいてビン列を作成できます。
  1. プロジェクトを開き、「準備」をクリックします。 「データのプレビュー・パネル」で、binオプションを使用して変更する列を選択します。
  2. 選択した列の「オプション」をクリックし、「ビン」を選択します。
  3. ビン・ステップ・エディタで、ビン列のオプションを指定します。
    • 数値を入力するか、矢印を使用してビン数を増やしたり減らします。
    • 「メソッド」フィールドでの選択に基づいて、ビンの範囲と数が更新されます。
      • 「手動」メソッドでは、各ビンの境界(つまり、最小値および最大値)を選択します。 各ビンのデフォルト名を変更することもできます。
      • 「等幅」メソッドでは、各ビンの境界は同じですが、数は異なります。 「ビン・ラベル」フィールドでの選択に基づいて、ビン列のラベルが更新されます。
      • 「等高」メソッドでは、各ビンの高さは同じかわずかに異なりますが、範囲は同じです。
    • 「等幅」メソッドを選択した場合は、ビンを適用するディメンション(つまり、属性データ要素)をクリックして選択します。
  4. 「ステップの追加」をクリックしてデータ変更を適用し、ステップ・エディタを閉じて「準備スクリプト・パネル」にステップを追加します。