機械翻訳について

データ・セットの計算済データ要素の作成

新規データ要素(通常は、メジャー)を作成して、ビジュアライゼーションに追加できます。 たとえば、RevenueおよびDiscount Amountメジャーを使用するProfitと呼ばれる新しいメジャーを作成できます。

計算されたデータ要素は、プロジェクトではなく、データ・セットの「マイ計算」フォルダに格納されます。 単一のデータ・セットがあるプロジェクトでは、1つの「マイ計算」フォルダのみが使用可能で、新しい計算済データ要素が追加されます。 複数のデータ・セットがあるプロジェクトでは、結合済データ・セットと結合されていないデータ・セットごとに「マイ計算」フォルダを使用できます。 必要なデータ・セットまたは結合済データ・セットの計算済データ要素を作成していることを確認します。 新しい計算済データ要素が、計算を作成するデータ・セット(結合済および非結合)の「マイ計算」フォルダに追加されます。

  1. 「ビジュアル化」キャンバスで、「データ・パネル」の下部に移動し、「マイ計算」を右クリックして、「計算の追加」をクリックして「新規計算」ダイアログを開きます。
  2. 式ビルダー・ペインで、式をビルドおよび編集します。 式の作成についてを参照してください。

    列がデータ・セットに結合されている場合にのみ、列を式ビルダー・ペインにドラッグ・アンド・ドロップできます。

  3. 検証をクリックします。
  4. 名前を指定して「保存」をクリックします。