機械翻訳について

マップ・ビジュアライゼーションでのクラスタ・レイヤーの作成

マップ・ビジュアライゼーションでは、クラスタ層をデータ・レイヤーのタイプとして使用できます。 クラスタ・レイヤーでは、相互に近い位置にある点が共通バブルにグループ化されます。

グループでクラスタ化されているポイントの数は、バブル・ラベルに示されます。 選択したポイントが選択解除済ポイントでグループ化されている場合は、その円が点線で表示され、部分的な選択であることが示されます。 個々のポイントはピン・アイコンとして表示され、グループ化されたポイントとグループ化されていないポイントの区別を強調します。 ポイントは、その近接度(ピクセル単位)とマップ・ズーム・ファクタに基づいてグループ化されます。

  1. マップ・ビジュアライゼーションで点クラスタ・レイヤーを使用するプロジェクトを作成するか、開きます。 ビジュアル化キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 「データ・パネル」からキャンバスにマップ・ビジュアライゼーションをドラッグして、空のマップ・ビジュアライゼーションを作成します。
  3. マップ関連のデータを含む属性列を「データ・パネル」から「文法パネル」「カテゴリ(地域)」セクションにドラッグ・アンド・ドロップします。
    マップ・ビジュアライゼーションを使用するプロジェクトを作成する場合は、「データ・パネル」で属性列を右クリックし、「ビジュアライゼーションの選択」をクリックして「マップ」を選択します。
  4. 「プロパティ・ペイン」「データ・レイヤー」タブをクリックします。
    または、「カテゴリ(地域)」セクションの「レイヤー・オプション」をクリックし、「レイヤーの管理」をクリックします。
  5. ポイント・クラスタを作成するには、「レイヤー・タイプ」値をクリックし、「クラスタ」を選択します。
    または、新しいマップ・レイヤーを追加し、レイヤー・タイプを「クラスタ」に変更して、「カテゴリ(地域)」セクションに属性列を追加する方法もあります。
ポイント・クラスタは、ズーム・レベルに基づいて自動的に更新されます。