機械翻訳について

Google DriveまたはGoogle Analyticsへの接続の作成

Google DriveまたはGoogle Analyticsへの接続を作成し、その接続を使用してデータにアクセスできます。

  1. Googleで「データの視覚化」アプリケーションを設定します(まだ設定していない場合)。
    1. Googleアカウントにサインインし、Developerコンソールに移動します。
    2. プロジェクトを作成し、Google APIサイトのAPIマネージャのDevelopers領域に移動し、「データの視覚化」アプリケーションを作成して保存するには、「アプリを作成する」をクリックします。
    3. アプリケーションを有効にし、Analytics APIにアクセスしてアプリケーションの資格証明を作成します。
    4. 資格証明を表示するページを開き、「データの視覚化」から提供されたリダイレクトURLを貼り付け、クライアントIDとクライアント・シークレットをコピーします。
      これらのタスクの実行方法の詳細は、Googleのドキュメントを参照してください。
  2. 「データ」または「ホーム」のページで、「作成」をクリックしてから、「接続」をクリックして「接続の作成」ダイアログを表示します。
  3. Google DriveまたはGoogle Analyticsのアイコンを参照または検索して、アイコンをクリックします。
  4. 「新しい接続を追加」ダイアログで、接続名を入力し、この表の説明に従って必要な接続情報を入力します。
    フィールド 説明
    Redirect URL Googleアプリケーションが開いており、資格証明領域が表示されていることを確認します。 「リダイレクトURL」フィールドのURLをコピーして、Googleアプリケーションの「許可されたリダイレクトURI」フィールドに貼り付けます。
    クライアントID Googleアプリケーションの資格証明領域に移動し、「クライアントID」フィールドを見つけて、キー値をコピーします。 「データの視覚化」に移動し、この値を「クライアントID」フィールドに貼り付けます。
    クライアント・シークレット Googleアプリケーションの資格証明情報に移動し、「クライアントの秘密」フィールドを見つけてシークレットの値をコピーします。 「データの視覚化」に移動し、この値を「クライアント・シークレット」フィールドに貼り付けます。
  5. Authorizeをクリックします。
  6. Googleから接続の認可を求めるプロンプトが表示されたら、「許可」をクリックします。
    「接続の作成」ダイアログがリフレッシュされ、Googleアカウントおよび関連付けられた電子メール・アカウントの名前が表示されます。
  7. 保存をクリックします。
    これで、Google DriveまたはGoogle Analytics接続からデータ・セットを作成できるようになりました。 「DropboxまたはGoogle Driveからのスプレッドシートの追加」を参照してください。