機械翻訳について

Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続の作成

Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続を作成し、その接続を使用してデータ・ソースにアクセスできます。

  1. Oracle AnalyticsとOracle Autonomous Transaction Processingの間でセキュアな通信を有効にするには、Oracle Autonomous Transaction ProcessingからOracle Analyticsに信頼できるSSL証明書をアップロードする必要があります。

    「共有ExadataインフラストラクチャでのOracle Autonomous Transaction Processingの使用」「クライアント資格証明(ウォレット)のダウンロード」を参照してください。

    資格証明ウォレット・ファイルは、Oracle AnalyticsとOracle Autonomous Transaction Processingの間の通信を保護します。 アップロードするウォレット・ファイル(たとえば、wallet_SALESATP.zip)にはSSL証明書が含まれており、Oracle Autonomous Transaction Processing接続でSSLを有効にします。

  2. Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続を作成するには:
    1. 「ホーム」ページで、「作成」をクリックしてから、「接続」をクリックします。
    2. Oracle Autonomous Transaction Processingをクリックして、接続のフィールドを表示します。
    3. 「接続名」「説明」を入力します。
    4. 「クライアント資格証明」フィールドで、「選択」をクリックしてクライアント資格証明ウォレット・ファイル(例: wallet_SALESATP.zip)を参照します。

      「クライアント資格証明」フィールドには、cwallet.ssoファイルが表示されます。

    5. 「ユーザー名」「パスワード」を入力し、リストから「サービス名」を選択します。
    6. 「保存」をクリックして接続を作成します。
      これで、接続からデータ・セットを作成できるようになりました。