機械翻訳について

Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続の作成

Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続を作成し、その接続を使用してデータ・ソースにアクセスできます。

  1. Oracle Analytics CloudとOracle Autonomous Transaction Processing間のセキュアな通信を有効にするには、信頼できるSSL証明書をOracle Autonomous Transaction ProcessingからOracle Analytics Cloudにアップロードする必要があります。

    「Oracle Autonomous Transaction Processingの使用」「クライアント資格証明(ウォレット)のダウンロード」を参照してください。

    資格証明ウォレット・ファイルは、Oracle Analytics CloudとOracle Autonomous Transaction Processing間の通信を保護します。 アップロードするウォレット・ファイル(たとえば、wallet_SALESATP.zip)にはSSL証明書が含まれており、Oracle Autonomous Transaction Processing接続でSSLを有効にします。

  2. Oracle Autonomous Transaction Processingへの接続を作成するには:
    1. 「ホーム」ページで、「作成」をクリックしてから、「接続」をクリックします。
    2. Oracle Autonomous Transaction Processingをクリックして、接続のフィールドを表示します。
    3. 「接続名」「説明」を入力します。
    4. 「クライアント資格証明」フィールドで、「選択」をクリックしてクライアント資格証明ウォレット・ファイル(例: wallet_SALESATP.zip)を参照します。

      「クライアント資格証明」フィールドには、cwallet.ssoファイルが表示されます。

    5. 「ユーザー名」「パスワード」を入力し、リストから「サービス名」を選択します。
    6. 「保存」をクリックして接続を作成します。
      これで、接続からデータ・セットを作成できるようになりました。