機械翻訳について

ビジュアライゼーション・キャンバスからREST APIに接続するためのデータ・アクションの作成

キャンバスでHTTP APIデータ・アクションを使用すると、列を選択したときに外部webサイトからレスポンスを返す、REST APIに値を送信できます。

  1. プロジェクトを作成するか開き、「ビジュアル化」領域で作業していることを確認します。
  2. プロジェクト・ツールバーの「メニュー」をクリックし、「プロジェクト・プロパティ」をクリックして「データ・アクション」タブを選択します。
  3. 「アクションの追加」をクリックして、新しいHTTP APIデータ・アクションの名前を入力します。 たとえば、HTTP API Exampleと入力します。

    複数のHTTP APIデータ・アクションを追加できます。

  4. 「タイプ」フィールドをクリックし、HTTP APIを選択します。
  5. 「アンカー」フィールドをクリックし、HTTP APIデータ・アクションを適用する列を選択します。 メジャー列や非表示列は選択しないでください。 「アンカー」フィールドの値を指定しない場合、すべてのデータ要素がビジュアリゼーションのデータ・アクションに適用されます。
  6. 「HTTPメソッド」フィールドをクリックし、REST APIに送信する適切な値(GET、POST、PUT、DELETE)を選択します。
  7. HTTPまたはhttpsで始まるREST APIのURLを入力し、オプションで置換トークンを含めます。

    URLの置換トークンは、データ・アクション(データ値、ユーザー名、プロジェクト・パス、キャンバス名など)にコンテキスト値を渡します。

    たとえば、次のものを使用して、列値(Category列の値など)をREST API (Google books APIなど)に渡すことができます。 : http://www.googleapis.com/books/v1/volumes?q=${valuesForColumn:"Category"}カテゴリ列のセルから選択する値(たとえば、"Books")はREST APIに渡します)。

  8. POSTメソッドを選択した場合、各パラメータを別々の行に入力するフィールドが表示されます。

    各パラメータは、名前と値を=で区切った名前と値のペアとして入力します。 コールするAPIで必要に応じて、名前/値ペアに同じURLトークン構文を使用できます。

    例:

    • paramName1=paramValue1
    • paramName2=${valuesForColumn:"Product"}
  9. OKをクリックして保存します。
  10. ビジュアライゼーションのデータ・ポイントをクリックします。

    たとえば、カテゴリ列からブックを選択できます。

  11. 右クリックして「HTTP APIの例」を選択し、結果を表示します。
    選択したデータ・ポイントによって、URLトークンに渡す値が決定されます。
    選択した値を使用して、REST APIが正常に起動されたことを確認する、成功または失敗のメッセージが表示されます。