機械翻訳について

ビジュアライゼーション・キャンバスを接続するためのデータ・アクションの作成

データ・アクションを作成して、現在のプロジェクトのキャンバスまたは別のプロジェクトのキャンバスにナビゲートできます。

データ・アクションを使用して、コンテキスト関連の情報(オーダー番号など)を転送することもできます。リンクでは、他のビジュアライゼーションまたはプロジェクトでオーダー番号に関する詳細が表示されます。

  1. プロジェクトを作成またはオープンし、「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. プロジェクト・ツールバーの「メニュー」をクリックし、「プロジェクト・プロパティ」をクリックして「データ・アクション」タブを選択します。
  3. 「アクションの追加」をクリックして、新しいナビゲーション・リンクの名前を入力します。
    • ナビゲーション・リンクの名前には文字と数字のみを使用できます。
    • 複数のナビゲーション・リンクを追加できます。
  4. 「タイプ」フィールドをクリックし、「キャンバス・ナビゲーション」を選択します。
  5. 「アンカー」フィールドをクリックし、現在のビジュアライゼーションから列を選択して、このデータ処理に関連付けます。 メジャー列や非表示列は選択しないでください。 「アンカー」フィールドの値を指定しない場合、すべてのデータ要素がビジュアリゼーションのデータ・アクションに適用されます。
  6. プロジェクトフィールドをクリックし、アンカーに使用するプロジェクトを選択します。
    • 「このプロジェクトを使用」 - アクティブなプロジェクトのキャンバスにナビゲートする場合に選択します。

      選択する列は、現在のビジュアライゼーションに含まれている必要があります。

    • 「カタログから選択」 - 使用するプロジェクトを参照して選択する場合に選択します。
  7. 「キャンバス・ナビゲーション」フィールドをクリックし、使用するキャンバスを選択します。
  8. 「値を渡す」フィールドをクリックし、データ・アクションに渡す値を選択します。
    たとえば、「アンカー」フィールドで順序番号列を指定した場合、「値を渡す」フィールドで「アンカー・データ」を選択し、指定した列値を渡します。
    • 「すべて」 - クリックしたセルの交差を動的に判断し、それらの値をターゲットに渡します。
    • 「アンカー・データ」 - データ・アクションが実行時に表示されることを保証しますが、ビュー・コンテキストで「アンカー」フィールドに指定された必要な列が使用可能な場合にのみ表示されます。
    • 「なし」 - ページ(URLまたはキャンバス)を開きますが、データは渡しません。
    • 「カスタム」 - 渡される列のカスタム・セットを指定できます。
  9. OKをクリックして保存します。