機械翻訳について

外部コンテナの埋込みビジュアライゼーションでのデータ・アクションの作成

外部コンテナ(HTMLページやコンシューマのアプリケーション・ページなど)にデータの視覚化を埋め込み、可視化にデータ・アクションを含めることができます。 埋込みデータ・アクションを使用すると、外部コンテナ内の埋込みビジュアライゼーションと相互作用できます。 外部コンテナでは、ビジュアライゼーションで選択されたデータ要素値のセットを取得することもできます。 埋込みデータ・アクションはいくつでも追加できます。

パブリッシュ・イベントは、そのようなデータ・アクション・タイプの1つで、ビジュアルに定義できます。 イベント・データの公開アクションがビジュアライゼーションで起動されると、外部アプリケーションはビジュアライゼーション・コンテキストを受信できます。 このような状況では、"context"という語はビジュアライゼーションの選択したロケーションのデータ要素値セットを意味します。

  1. プロジェクトを作成するか、既存プロジェクトを開きます。 ビジュアル化キャンバスで作業していることを確認します。
  2. プロジェクト・メニューで、「データ・アクション」を選択します。
  3. 「アクションの追加」をクリックし、新しいデータ・アクションの「名前」フィールドに名前を入力します。

    たとえば、DV埋込みコンテンツda 1などです。 データ処理名には文字および数字を使用できます。

  4. 「タイプ」をクリックし、「イベントのパブリッシュ」を選択します。
  5. 「アンカー」フィールドで「データの追加」または「データの選択」をクリックし、データ・アクションが適用されたときに値を渡す1つ以上のデータ要素を選択します。 メジャー列や非表示列は選択しないでください。
  6. 「イベント名」を入力します。 イベント名は外部コンテナに指定され、コンテキスト・イベントの公開時に渡されます。 "context"という語は、ビジュアライゼーションの選択したロケーションにおけるデータ要素値のセットを意味します。 データ・アクションが複数のプロジェクトで使用されている場合、またはプロジェクト内の複数のデータ要素で使用されている場合は、簡単にトラッキングできるように一意のイベント名を指定します。

    たとえば、アクション名にDV Embedded Content DA1を入力した場合、「イベント名」フィールドにEvent from DA1と入力して、イベントがどのデータ・アクションで発生するかを示します。

  7. 「値を渡す」フィールドをクリックし、コンシューマにデータ・アクションを渡す値を選択します。

    たとえば、オーダー番号を指定した「アンカー」フィールドで、「値を渡す」フィールドで「アンカー・データ」を選択して、Order numberの値を渡します。

    説明
    すべて クリックしたセルの交差を動的に判断し(製品と年など)、それらの値をターゲットに渡します。
    アンカー・データ データ・アクションが実行時に表示されることを確認しますが、ビュー・コンテキストで「アンカー」フィールドに指定された必要な列が使用可能な場合のみです。
    なし ページ(URLまたはキャンバス)を開きますが、データは渡しません。 たとえば、コンテキストを渡さずにwww.oracle.comに移動できます。
    カスタム 渡される列のカスタム・セットを指定できます。
  8. OKをクリックして保存します。

    プロジェクトを保存した後、外部コンテナにプロジェクトを埋め込むことができます。 外部コンテナには、埋め込まれたデータの視覚化が表示されます。 ビジュアライゼーションを右クリックすると、適用可能なデータ・アクションが含まれる場合、ビジュアライゼーションはドロップダウン・メニューのビジュアライゼーションに表示されます。 埋込みデータ・アクションをクリックすると、ビジュアライゼーションのコンテキスト情報が決定され、その情報が処理するナビゲーション・アクション・サービスに渡されます。 ナビゲーション・コント・サービスでは、コンテキスト・ペイロード情報を含むイベントが発生します。 このイベントをサブスクライブして、イベント・コールバックでペイロードを受信し、他の領域でペイロードを使用できます。

  9. 外部コンテナでは、次のステップを実行して、埋込みコンテンツを含むデータ・アクションを実行します:
    1. データ・ビジュアライゼーション・プロジェクトのパスのロケーションを追加または変更します。
    2. データ視覚化の公開済イベントをサブスクライブします。
    3. イベント・リスナーおよびイベント・コールバックを定義します。