機械翻訳について

データ・フローの作成

1つ以上のデータ・セットからデータ・フローを作成できます。 データ・フローではキュレートされたデータ・セットが作成され、これを使用すると、わかりやすいビジュアライゼーションを作成できます。

  1. 「ホーム」または「データ」ページで、「作成」をクリックし、「データ・フロー」を選択します。
  2. 「データセットを追加」ダイアログで、データ・セットまたはデータ・ソースを選択し、「追加」をクリックします。
    「ステップの追加(+)」をクリックして「データの追加」をクリックすると、いつでもさらにデータ・ソースを追加できます。
  3. 「データの追加」ペインで、データを構成します。 たとえば、次のことが可能です。
    • 選択したデータ・セットを置換します(「データの追加 -」の横のデータ・ソース名をクリックします)。
    • 列を含めるか除外します。
    • 列の名前を変更します。
    • データ・フローの実行時にデータ・ソースを要求するには(「実行プロンプトでデータ・セットを選択するタイミング」オプションを使用)。
  4. データ・フローをビルドします:
    • 実行する機能ごとに「ステップ(+)を追加」をクリックし、目的のステップ・タイプをクリックして、「ステップ・エディタ」ペインでプロパティを指定します。

      ティップ: 最後のステップにマウスを合わせると、ステップ(+)を追加オプションが表示されます。 「オプション」を使用して、フローを編集し、列ヘッダーにステップを追加することもできます。 たとえば、列の名前変更、再フォーマット、マージまたは変換を行うことができます。

    • ステップを削除するには、ステップの上にマウス・カーソルを置き、Xをクリックするか、ステップを右クリックして「削除」をクリックします。 データ・フローの一部を無効にした場合は、問題のあるステップで赤いXアイコンが表示されます。
    • 保存していないデータ・フローの編集を元に戻すかやり直すには、ワークフローの「ダイアグラム・パネル」ツールバーに移動し、「最後の編集を元に戻す」または「最後の編集をやり直す」をクリックします。
    • データ・フローの最後に、「データの保存」ステップを追加し、わかりやすい名前を指定します。
  5. データ・フローを保存します。
    「データ・フローの実行」オプションを使用するか、または「データ」ページの「データ・フロー」パネルを使用して、後でデータ・フローを開始できます。 これを実行した場合、「データ」ページの「データ・セット」パネルで生成されたデータ・セットにアクセスできます。

データ・フロー・エディタのズーム・コントロール

ズーム・コントロールは、データ・フロー・ダイアグラム表示の増減およびフローの検査に役立ちます。

ズームイン・ボタン(+)またはワークフロー「ダイアグラム・パネル」ツールバーのズーム・アウト・ボタン(-)を使用して、現在のズーム・レベルをリセットします。 ズーム・レベルは30から100に設定できます。 ズーム・コントロールでは、ズーム・レベルの番号を挿入したり、メニューから事前定義済のレベルを選択できます。

ズーム・レベルが100より低い場合、「ステップの削除」および「ステップ(+)を追加」アイコンは表示されません。 ステップに移動し、右クリックして、「削除」または「ステップの追加」オプションを選択します。