機械翻訳について

列に対するフィルタの作成

列のフィルタを作成できます。

トピック:

フィルタは、分析の実行中に表示される結果を制限します。 フィルタと、分析対象として選択する列によって、結果に含まれる内容が決まります。 フィルタ条件を指定して、必要な結果のみを表示します。

インライン・フィルタおよび名前付きフィルタの作成

ほとんどの場合、フィルタを作成し、使用するために1つの分析にのみインラインで組み込みます。 名前付きフィルタを作成して、すべての分析およびダッシュボードで、そのフィルタを再利用することも可能です。 フィルタを再利用する場合を除いては、インライン・フィルタを作成してください。

たとえば、営業コンサルタントは、担当するブランドのみの売上を分析できます。

基準タブの選択された列ペインからのインライン・フィルタの作成

  1. 分析を編集用に開きます。

  2. 基準タブの選択された列ペインで、列名の横にあるオプションをクリックして、フィルタを選択します。

基準タブのフィルタペインでのインライン・フィルタの作成

  1. 分析を編集用に開きます。

  2. 基準タブのフィルタペインで、現在のサブジェクト領域のフィルタを作成をクリックします。

  3. メニューから列名を選択します。

ホーム・ページからの名前付きフィルタの作成

  1. Classicホームページの「作成」ペインで、「分析とInteractive Reporting」の下にある「詳細」をクリックし、「フィルタ」をクリックします。

  2. 「サブジェクト領域を選択」ダイアログで、フィルタリングするデータソースを選択します。 新規フィルタダイアログが表示されます。

フィルタの値の指定

分析に関心のある値のみが表示されるように、フィルタの値を指定できます。

たとえば、Brand Revenue分析で、フィルタを使用して分析結果を3年間の第1四半期の値にのみ制限できます。 これにより、これらの四半期における収益の成果を年度ごとに確認できます。

  1. 新規フィルタダイアログで、次と等しい/次に存在するなどの適切な演算子を選択します。
  2. リストから値を選択するか、または検索アイコンをクリックすると、より多くの値から選択できます。
  3. オプションで、フィルタの保護を選択すると、プロンプトによるフィルタの上書きを防ぐことができます。
  4. オプションで、このフィルタをSQLに変換するを選択します。
  5. OKをクリックします。
  • インライン・フィルタの場合、基準タブのフィルタペインにフィルタが表示されます。
  • 名前付きフィルタの場合、保存済みフィルタペインにフィルタが表示されます。
値の指定後に、フィルタを名前付きまたはインラインとして保存します。

フィルタへのEVALUATE_PREDICATE関数の埋込み

EVALUATE_PREDICATE関数は、インライン・フィルタ句として追加できます。

この関数は、必要なインライン・フィルタ句をフィルタ演算子で作成できない場合に使用できます。 このファンクションは、SQLファンクションおよびブールの戻り型を持つデータベース・ファンクションに対してのみ使用します。 この関数は、階層列、XMLデータ・ソースおよびすべてのマルチディメンション・データ・ソースには使用できません。 この機能をフィルタに埋め込むには、管理者によって付与されたEVALUATE_PREDICATEファンクションの追加権限が必要です。
  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 基準タブのフィルタ・ペインで「詳細オプション」をクリックし、「EVALUATE_PREDICATE関数の追加」を選択します。
  3. 「新規EVALUATE_PREDICATE関数」ダイアログに関数の式を入力します。
  4. フィルタ・ペインにEVALUATE_PREDICATE関数を追加するには、OKをクリックします。

たとえば、EVALUATE_PREDICATE関数を使用して次のフィルタ句を追加すると、Products.P4 Brand列の6文字未満の値を除外できます。

SELECT
0 s_0,
"A - Sample Sales"."Products"."P3 LOB s_1, 
"A - Sample Sales"."Products"."P4 Brand" s_2,
"A - Sample Sales"."Base Facts"."1- Revenue" s_3
FROM "A - Sample Sales"
Where EVALUATE_PREDICATE('length(%1)>6',"A - Sample Sales"."Products"."P4 Brand").
ORDER BY 1,2,3

フィルタの結合とグループ化

SQL文を使用せずに、複数のインライン・フィルタを組み合せてグループ化し、複雑なフィルタを作成できます。

フィルタをグループ化または組み合せて、分析内のデータがフィルタされる優先順位を決定します。 複数のインライン・フィルタを分析フィルタまたは名前付きフィルタに追加する場合、デフォルトでは、インライン・フィルタはANDブール演算子を使用して結合されます。 AND演算子は、分析の実行時に結果を決定するために、すべてのインライン・フィルタで指定された基準を満たす必要があることを示します。

ORブール演算子は、分析の結果を決定するために少なくとも1つのフィルタで指定された基準を満たす必要があることを示します。 OR演算子を使用すると、代替基準を使用して複数のフィルタのグループを作成できます。

  1. 名前付きフィルタ、またはインライン・フィルタを含む分析を編集するために開きます。
  2. 基準タブのフィルタ・ペインで、分析に2つ以上のインライン・フィルタが含まれていることを確認します。 または、保存済みフィルタ・ペインで、名前付きフィルタに2つ以上のインライン・フィルタが含まれていることを確認します。
  3. 「保存済みフィルタ」ペインまたは基準タブのフィルタ・ペインで、AND演算子またはOR演算子を使用してインライン・フィルタを結合する方法を確認します。
  4. インライン・フィルタの前にあるANDという語をクリックして、AND演算子をOR演算子に変更します。 この方法で、AND演算子とOR演算子を切り替えることができます。
  5. 他のインライン・フィルタのAND演算子とOR演算子を変更して、必要なフィルタの組合せを作成します。 または、さらにインライン・フィルタを作成し、AND演算子およびOR演算子を変更します。
  6. フィルタの組合せを保存するには、「分析の保存」または「フィルタの保存」をクリックします。

フィルタの保存

インライン・フィルタおよび名前付きフィルタを保存できます。

フィルタペインでインライン・フィルタを作成する場合、オプションで、インライン・フィルタを名前付きフィルタとして保存できます。 インライン・フィルタを名前付きフィルタとして保存すると、チームの他のユーザーが、このフィルタを新しい分析で使用できます。 また、グローバル・ヘッダーから、名前付きフィルタをスタンドアロン・オブジェクトとして作成することも可能です。

たとえば、Quarter列のフィルタをカタログの共有フォルダに保存できます。 これにより、マネージャがそのフィルタにアクセスできるようになります。 2011 Q1、2012 Q1、2013 Q1の四半期に制限するフィルタを保存したとします。 マネージャは、このフィルタをProduct Revenue分析で使用して、これらの四半期のみの製品の成果を確認できます。

名前付きフィルタを保存するには、ツールバーで名前を付けて保存をクリックし、カタログのフォルダを指定して、OKをクリックします。

インライン・フィルタを名前付きフィルタとして保存するには、次を実行します。

  1. 基準タブのフィルタペインで、詳細オプションをクリックしてフィルタの保存を選択します。
  2. Oracle BI Presentation Catalogでフォルダを指定します。
  3. OKをクリックします。