機械翻訳について

ビジュアライゼーション上のフィルタの作成

フィルタを追加して、キャンバスの特定のビジュアライゼーションに表示されるデータを制限できます。

プロジェクトに複数のデータ・セットが含まれており、一部が結合されていない場合は、フィルタの使用方法に制限があります。 フィルタのデータ要素を使用しないビジュアライゼーションはグレー表示されます。

「キャンバスのプロパティ」ダイアログで「ビジュアライゼーションの同期」オプションがオフになっている場合に、ビジュアライゼーションの「メニュー」上の「ドリル」を選択すると、ビジュアライゼーション・フィルタが自動的に作成されます。

個々のビジュアライゼーションにフィルタを追加するかわりに、またはフィルタの追加に加えて、プロジェクトまたは個々のキャンバスにフィルタを追加できます。 キャンバスに含まれるフィルタはすべて、個々のビジュアライゼーションに追加するフィルタの前に適用されます。

  1. 「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. フィルタを追加するビジュアライゼーションを選択します。
  3. 「データ・パネル」から、「文法パネル」内の「フィルタ」ドロップ・ターゲットに1つ以上のデータ要素をドラッグ・アンド・ドロップします。


    データ・セットのデータ要素を別のデータ・セットのビジュアライゼーションのフィルタとして使用するには、データ要素をフィルタとして使用する前に両方のデータ・セットを結合する必要があります。

  4. フィルタ値を設定します。 値の設定方法は、フィルタするデータ型によって異なります。
  5. (オプション)フィルタ・バー・メニューをクリックするか、右クリックして「自動適用フィルタ」をクリックしてから「オフ」を選択して、キャンバス上およびビジュアライゼーション内のすべてのフィルタの自動適用をオフにします。 自動適用をオフにすると、各フィルタの選択内容に「適用」ボタンが表示されます。ビジュアリゼーションへのフィルタを適用するにはこのボタンをクリックします。