機械翻訳について

マップ・ビジュアライゼーションへのヒート・マップ・レイヤーの作成

マップの視覚化でヒート・マップをデータ・レイヤー・タイプとして使用すると、ポイント値またはポイントに関連付けられたメトリック値の密度または高集中を識別できます。 たとえば、ヒート・マップを使用して、地理的リージョンまたは国の高利益を識別できます。

次の2タイプのヒート・マップ層を作成できます:

  • 「密度ヒート・マップ」 - マップ関連の列データのみを使用します(緯度と経度の列など)。 密度/マップ層では、ポイントの累積合計が表示され、各ポイントには特定の重みが含まれます。 ポイントがその周囲に影響を及ぼす半径を持っているため、同じ領域に存在する他のポイントも、ポイントの累積合計結果に影響を及ぼします。
  • 「メトリック・ヒート・マップ」 - 同じレイヤーでメジャー列データを使用します。 たとえば、「文法パネル」の色セクションにメジャー列を追加すると、ヒート・マップが更新され、補間されたメトリック値が表示されます。
  1. マップ・ビジュアライゼーションでヒート・マップ・レイヤーを使用するプロジェクトを作成するかまたは開きます。 ビジュアル化キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 空のマップ・ビジュアライゼーションを作成します。
  3. マップ関連のデータを含む属性列を「データ・パネル」から「文法パネル」「カテゴリ(地域)」セクションにドラッグ・アンド・ドロップします。
    • マップ・ビジュアライゼーションを使用するプロジェクトを作成する場合は、「データ・パネル」で属性列を右クリックし、「ビジュアライゼーションの選択」をクリックして「マップ」を選択します。
  4. 「プロパティ・ペイン」「データ・レイヤー」タブに移動します。
    • または、「カテゴリ(地域)」セクションの「レイヤー・オプション」をクリックし、「レイヤーの管理」をクリックします。
  5. 密度ヒート・マップを作成するには、「レイヤー・タイプ」値をクリックして「ヒート・マップ」を選択します。
    • または、新しいマップ・レイヤーを追加し、レイヤー・タイプを「ヒート・マップ」に変更して、「カテゴリ(地域)」セクションに属性列を追加する方法もあります。
  6. メトリック・ヒート・マップを作成するには、メトリック列を「データ・パネル」から「色」セクションにドラッグ・アンド・ドロップします。 ヒート・マップ視覚化が密度からメトリックに変わります。
  7. プロパティ・ペインの「データ・レイヤー」タブで、ヒート・マップ・レイヤーのオプション(半径、補間、透明度、色など)を指定します。
    • レイヤーに選択したメトリック列または値の集計ルールに基づいて、デフォルトの補間メソッドが自動的に選択されます。
    • 半径の値はピクセル(px)で選択できます。 radius値は、マップ上のポイント値の周りのメジャーの影響の程度です。
ヒート・マップは、「データ・レイヤー」タブで選択されたオプションに基づいて自動的に更新されます。