機械翻訳について

再利用するための名前付きアクションの作成

アクション・リンクを作成して、ユーザーがWebサイトやレポートなどの関連するBIコンテンツに移動したり、ビジネス・タスクを実行できるようにします。 カタログに名前付きアクションを保存して、アナリストやビジネス・ユーザーが使用できるようにします。

ユーザーは列の見出しおよび列の値に埋め込まれた分析をクリックできます。 またユーザーは、グラフなどのビュー内のリンクや、表およびピボット表内の総計のリンクをクリックすることもできます。

  1. Classicホームページの「作成」ペインで、「実行可能なIntelligence」の下にある「アクション」をクリックします。
  2. 作成するアクションのタイプに対するオプションをクリック
    アクション 実行できるようにするにはどのようにしますか。
    BIコンテンツにナビゲート マイ・フォルダまたは共有フォルダ領域に格納されている分析またはダッシュボードを表示します。
    Webページに移動 webページを表示します。
    Webサービスの起動 webサービス操作、またはWebサービスとして公開されているサービス指向アーキテクチャ(SOA)サービスを起動します(Business Process Execution Language (BPEL)など)。
    HTTPリクエストの起動 URL APIによって公開される外部システム・コマンドを起動します。 これにより、HTTPリクエストがサーバー経由でターゲットURLに送信されます。
    ブラウザ・スクリプトの起動 Oracle Analytics Cloud管理者によって使用可能にされたJavaScriptファンクションを起動します。 「ブラウズ」をクリックして、管理者が利用可能にした関数のリストを表示するか、「関数名」フィールドに関数名を入力します。 たとえば、USERSCRIPT.mycurrencyconversionと指定します。
  3. オプションで、デフォルトのパラメータを変更し、アクションの実行時に表示される情報を変更します。
  4. 「アクションの保存」をクリックし、アクションの保存場所を選択します。
  5. アクションが正しく動作することを検証します。
    1. カタログ内の名前付きアクションに移動します。
    2. 実行をクリックします。
    3. 表示される詳細または確認のプロンプトの要求に応答します。