機械翻訳について

プロジェクトの作成とデータ・セットの追加

プロジェクトには、生産性が高くかつ有意義な方法でのデータの分析に役立つビジュアライゼーションが含まれます。

プロジェクトを作成する際は、ビジュアル化および探索するデータが含まれるデータ・セットを1つ以上追加します。 データ・セットには、「サブジェクト領域」 Oracle Applications、データベースまたはスプレッドシートなどのアップロード済データ・ファイルからのデータが含まれています。 既存のプロジェクトに複数のデータ・セットを追加することもできます。

チュートリアル・アイコン チュートリアル

「データ・セット」ページを使用すると、使用可能なすべてのデータ・セットについて理解を深めることができます。 データセットには、タイプごとにすばやく識別できるように、個別のアイコンがあります。
  1. 新規プロジェクトを作成するには、ホーム・ページに移動し、「作成」をクリックして、「プロジェクト」をクリックします。
    • または、「データ」ページに移動し、「データ・セット」をクリックします。 プロジェクトで分析するデータ・セットを選択し、「アクション・メニュー」をクリックするか右クリックします。 「プロジェクトの作成」を選択します。
    • または、ホームページで「ナビゲータ」をクリックし、「プロジェクト」を選択します。 マイ・フォルダ、共有フォルダ、プロジェクト、またはお気に入りページで既存のプロジェクトを探します。 「ホーム」ページ検索を使用するか、「ホーム」ページに表示されるプロジェクト・サムネイルを参照して、既存のプロジェクトを見つけることもできます。 プロジェクトの「アクション・メニュー」をクリックし、「オープン」をクリックします。
  2. 次のいずれかのオプションを使用して、プロジェクトにデータを追加できます:
    • 新規プロジェクトを操作する場合、「データセットを追加」ダイアログで分析するデータ・ソースを参照して選択し、「プロジェクトに追加」をクリックします。

      データ・セット、サブジェクト領域またはデータベース接続に基づいてデータ・ソースを追加できます。

    • 既存のプロジェクトで作業している場合は、「データ・パネル」内で「追加」 (+)をクリックし、「データセットを追加」をクリックして「データセットを追加」ダイアログを表示し、データ・ソースを追加します。
    • 「データセットの作成」ダイアログを使用して、ファイル、サブジェクト領域または接続に基づいて新しいデータ・ソースを作成し、プロジェクトを追加することもできます。
  3. 同じプロジェクト内の複数のデータ・セットからデータをビジュアル化するには、「データ・パネル」内で「追加」をクリックし、「データセットを追加」を選択します。
    プロジェクトに複数のデータ・セットがある場合、プロパティ・ペインで「データ・セット」をクリックして、デフォルトのデータ・ブレンド・オプションを変更します。 「追加したデータの融合」を参照してください。
  4. ビジュアル化するデータ要素を「データ・パネル」からビジュアライゼーション・キャンバスにドラッグし、プロジェクトのビルドを開始します。
    • 準備キャンバスのデータ準備スクリプトを使用して、分析およびビジュアライゼーションの品質を向上させるためにデータ・セットを変換できます。 「分析用データ・セットの準備」を参照してください。