機械翻訳について

カタログ・マネージャを使用してカタログ・データを表示するためのレポートの作成

レポートを作成して、カタログ・オブジェクトのカタログ・データを表示できます。 レポートを画面に表示することも、ファイルに保存することもできます。 たとえば、各オブジェクトについてOracle Analytics Cloudに送信されるSQL文を示すレポートを作成できます。

レポートを作成する場合、空白または空のフィールドがタブ文字としてエクスポートされます。 デフォルトのタブ区切り文字をフィールド区切り文字として使用してレポートを作成すると、レポート・ファイル内の2つのタブ文字で空白フィールドが示されます。

  1. カタログ・マネージャで、カタログの最上位フォルダを選択します。
  2. 「ツール」メニューから、「レポートの作成」を選択します。
  3. レポートを作成するカタログ・オブジェクトのタイプを選択します。
  4. レポートで同じ行を選択しない場合は、「個別」ボックスを選択します。
  5. レポート内の列リストに表示する列を指定します。 左ボタンと右矢印ボタン(<および>)を使用して、使用可能な列リストとレポート内の列リスト間で列を移動し、プラスとマイナスのボタン(+および-)を使用して、レポートに列が表示される順序を設定します。
  6. OKをクリックします。
  7. レポートに適切な列が含まれるまでステップ4から7を繰り返します。
  8. レポートをファイルに保存するには、「レポートの保存先」フィールドにファイルのパス名を指定します。 パス名を選択するための「別名保存」ダイアログを表示するには、「ブラウズ」ボタンをクリックします(ファイルが存在しない場合は、作成されます)。
  9. 「Excel形式」を選択すると、Microsoft Excelにインポートできる.tab拡張子を持つファイルが作成されます。
  10. OKをクリックします。

レポートを作成してエクスポートする場合、空白または空のフィールドがタブ文字としてエクスポートされます。 フィールド・セパレータとしてタブ文字も使用する場合、空白のフィールドは2つのタブ文字として表示されます。