機械翻訳について

データ・フローについて

データ・フローを使用すると、データを編成および統合して、ビジュアライゼーションで使用するキュレートされたデータ・セットを作成できます。

データ・セット、サブジェクト領域またはデータベース接続からデータをキュレートできます。

データ・フロー・エディタを使用して、変換の適用、結合とフィルタの追加、不要な列の削除、新しい導出メジャーの追加、導出列の追加、および他の操作の追加を行います。 データ・フロー・エディタで、ワークフロー・ダイアグラム・ペインにステップを追加して、ステップ・エディタ・ペインでそれらのステップの詳細を指定することでデータ・フローをビルドします。 Oracle データの視覚化は、データ・フローに対してステップを追加または削除するたびに、各ステップを検証します。 次に、データ・フローを実行して、複雑なビジュアライゼーションを作成するために使用できるデータ・セットを作成します。

データ・フロー・エディタは、次のヒントを参考にしてください:

  • 「ステップ・エディタ・ペイン」 - データ・フロー・エディタの下部にある「ステップ・エディタ」をクリックすると、ステップ・エディタ・ペインの表示と非表示を切り替えることができます。
  • 「データのプレビュー・ペイン」 - データ・フロー・エディタの下部にある「データのプレビュー」をクリックして、プレビュー・データ列ペインを表示または非表示にできます。 このペインは、データ・フローを変更すると自動的に更新されます。 プレビュー・データ・ペインで「自動適用」をクリックして、ステップの変更を自動的にリフレッシュするかどうかを指定できます。
  • 「複数のデータ・セット」 - 1つ以上のデータ・セットを追加するには、ワークフロー・ダイアグラム・ペインで「データの追加」を選択します。 データ・セットを追加すると結合が作成されますが、結合ダイアログで結合の詳細を編集できます。
  • 「式ビルダー・ペイン」 - (列の追加ステップまたはフィルタ・ステップで)式を追加する場合、「検証」をクリックして構文が正しいかどうかを確認する必要があります。 式が有効な場合は、「適用」をクリックしてステップを更新します。