機械翻訳について

データ・フローについて

データ・フローでは、データを編成および統合して、ユーザーが分析できるキュレートされたデータ・セットを作成できます。

データ・セット、サブジェクト領域またはデータベース接続からデータをキュレートできます。 データ・フローは、個別またはシーケンスで実行できます。 データ・フロー・エディタで「データの追加」を選択して、1つ以上のデータ・セットを追加できます。 データ・セットを追加すると結合が作成されますが、結合ダイアログで結合の詳細を編集できます。

データ・フローをビルドするには、ステップを追加します。 各ステップでは、データの追加、結合表、列のマージ、データの変換、データの保存など、特定の機能が実行されます。 データ・フロー・ダイアグラム・ペインを使用してステップを追加および構成します。 変更を行うと、Oracle 「データの視覚化」によって各ステップが検証されます。 データ・フローを構成したら、これを実行してデータ・セットを作成します。

ステップを追加するには、既存のステップを右クリックして「ステップの追加」をクリックするか、左側の「データ・フローのステップ」ペインからステップをドラッグしてデータ・フロー・ダイアグラムにドロップします。

独自の列を追加したりデータを変換する場合、SQL演算子の幅広い(BETWEEN、LIKE、INなど)、条件式(CASEなど)、および関数(Avg、Median、Percentileなど)を使用できます。