機械翻訳について

データ・モデル・オブジェクト

時間レベル、ディメンション列、ファクト列などのデータ・モデル・オブジェクトを式で使用できます。

データ・モデル・オブジェクトを参照するには、次の構文を使用します。

"Fact/Dimension Table Name"."Column Name"

例: "Order Metrics"."Booked Amount"-"Order Metrics"."Fulfilled Amount"

式要素セクションには、タスクに関連するアイテムのみが含まれるため、一部のファクト表およびディメンション表が表示されない場合があります。 同様に、時間階層は、時間ファクト表が現在の表に結合されている場合にのみ含まれます。