機械翻訳について

Data Visualizationについて

Data Visualizationを使用すると企業のデータのトレンドを明らかにするビジュアライゼーションやプロジェクトを簡単に作成でき、質問に答えたり、ビジネスに関する重要なインサイトを発見できます。

  • Data Visualizationはデータ分析作業を柔軟かつ探索的に行えるよう設計されているため、簡単にビジュアライゼーションやプロジェクトを作成できます。 Data Visualizationによるデータの探索は、事前作成の分析およびダッシュボードを使用するのとは異なります。事前作成の分析およびダッシュボードでは、列の追加や削除、フィルタの作成、またはデータに対する各種ビジュアライゼーションの適用によりデータをいろいろ試してみることはできません。 Data Visualizationは様々なパースペクティブからデータを理解し、十分なデータ探索を行って相関やパターン、トレンドを見つけるのに役立ちます。

  • Data Visualizationでは、様々なソース(スプレッドシート、CSVファイル、Fusionアプリケーション、各種データベースなど)からシステムにデータをすばやくアップロードし、いくつかの簡単なステップでモデル化できます。 データ・セットを簡単にブレンドして、より大きなデータセットを分析して異なるパターンや情報を見出すこともできます。

  • データの重要なトレンドを発見した際には、後で再度表示したり他のユーザーと共有できるインサイトやストーリを作成してその情報をキャプチャできます。 Oracle データの視覚化製品ごとにプロジェクトとアプリケーションをエクスポートすることもできます(たとえば、Oracle Analytics Cloudからアプリケーションをエクスポートし、「Oracle Data Visualizationデスクトップ」ユーザーがインポートできます)。 「Oracle Data Visualizationデスクトップ」を試すには、「デスクトップ用データ・ビジュアライゼーションをダウンロード」を参照してください。

  • 「データの視覚化」のインスタンスにサンプル・データ・ソースとサンプル・プロジェクトが含まれている可能性があります。 サンプルのデータ・ソースおよびプロジェクトがあれば、それを使用してData Visualizationの機能にすぐに習熟できます。 その他のサンプルについては、「Oracle Analyticsライブラリ」を参照してください。