機械翻訳について

レイアウトペインのドロップ・ターゲットについて

データ・ビューの各エディタにはレイアウトペインが含まれています。 レイアウトペインは、グラフ、パフォーマンス・タイルおよびピボット表などのビュー・タイプごとにやや異なって表示されます。 レイアウトペインには、ビュー内のデータのレイアウト方法が表示されます。

レイアウトペインで、データ・ビューの列はドロップ・ターゲットに表示されます。 ドロップ・ターゲットは、列を挿入、移動またはドロップできる場所を示します。 列の有効な位置を表します。 各ドロップ・ターゲットには設定可能なプロパティがあります。 ドロップ・ターゲットを使用して、列をビュー内の別のターゲットにドラッグ・アンド・ドロップすることで、データ・ビュー内のデータの配置を変更します。

ドロップ・ターゲットのタイプについて

ここでは、ドロップ・ターゲットのタイプについて説明します。

データ・ビューには、ビューのタイプに応じて、次のドロップ・ターゲットを1つ以上含めることができます。

ターゲット 説明
<view-type>プロンプト 表示するデータをユーザーが選択できるインタラクティブな結果セットを提供します。 このドロップ・ターゲットに表示される列の値は、初期基準として使用されます。 ビューで、これらの値は、選択用のドロップダウン・リスト(ページ・エッジとも呼ばれる)に表示されます。
セクション ビューをセクションに分割する領域を移入します。 このドロップ・ターゲットでスライダとして表示オプションを選択した場合、セクション・ドロップ・ターゲットにドロップされる列の値は、一意のビューとしてではなく、セクション・スライダとして表示されます。
<view-type>領域 描画領域またはビュー本体自体をシミュレートし、ビューがどのように表示されるかを確認する場合に役立ちます。 この領域に対して列をドラッグ・アンド・ドロップできます。

表で説明しているドロップ・ターゲット以外に、レイアウトペインには除外ドロップ・ターゲットが表示されています。 レイアウトペインには、ビューのタイプに固有の他のドロップ・ターゲットが含まれます。 たとえば、レーダー・グラフのレイアウトペインには、円の半径に沿って各線上に点として列値が表示されるレーダー・セクションドロップ・ターゲットが含まれます。

除外ドロップ・ターゲットについて

データのレイアウトを変更するには、除外ドロップ・ターゲットを理解する必要があります。 除外ドロップ・ターゲットの列はビュー結果には含まれませんが、分析の一部であることに変わりありません。

一般に、列が1つのビューまたはすべてのビューに明示的に追加されていない場合、ビューの除外ドロップ・ターゲットに配置されます。

除外ドロップ・ターゲットにある列をビューに表示する場合は、その列を簡単に移動できます。 単にビューのレイアウトペインを表示し、除外ドロップ・ターゲットから、希望するドロップ・ターゲットに列をドラッグ・アンド・ドロップします。

列の除外は、列の削除とは異なります。 列を分析から完全に削除するには、ビューのレイアウトペインの詳細オプションボタンから列の削除オプションを使用します。

分析のビューを様々な方法で作成した後、列を除外ドロップ・ターゲットに配置します。 たとえば、ビューの右クリック・メニューから列の除外を選択できます。 エディタでビューを編集中で、サブジェクト領域ペインからそのビューに列を追加するとします。 列は、分析のその他のすべてのビューの除外ドロップ・ターゲットに置かれます。

様々なビューのドロップ・ターゲットのガイドラインについて

ビューのレイアウトを変更する場合に、レイアウトペインのドロップ・ターゲットに対して考慮する必要があるガイドラインがあります。

グラフおよびファンネル・グラフのドロップ・ターゲットのガイドライン

ここでは、グラフおよびファンネル・グラフにおけるドロップ・ターゲット間での列のドラッグ・アンド・ドロップに適用される制限とガイドラインについて説明します。

  • バブル・グラフには、3つ以上のメジャーが必要です。 1つのメジャーを横軸に、別のメジャーを縦軸に、3番目のメジャーをバブル・サイズ軸に描画します。

  • パレート・グラフは、メジャーを1つのみ持つことができます。

    別のメジャーをメジャー・ドロップ・ターゲットにドロップすると、メジャーが入れ替えられます。つまり、既存のメジャーが、新たにドロップしたメジャーに置き換えられ、自動的に除外ドロップ・ターゲットに移動されます。

  • 時系列線グラフは、横軸に1つの日付または日時データ列が選択されている必要があります。 これは、1つの縦軸を持ちますが、複数のデータ系列がサポートされます。

  • 散布図には、2つ以上のメジャーが必要です。 たとえば、1つのメジャー列を横軸に、別のメジャー列を縦軸に描画します。 これらのメジャーは、グループ化基準軸の値として描画されます。

  • ファンネル・グラフでは2つのメジャーが使用されますが、1つのみ必須です。 2つ目のメジャーを選択しない場合、1つ目のメジャーが2つ目のメジャーとして使用されます。 2つのメジャーが選択されている状況で新たにメジャーを選択すると、実際のメジャーのドロップ・ターゲットにある現在のメジャーが新規メジャーで置き換えられます。

  • 積上げ棒グラフには、値の比較を可能にする2つ以上のメジャーが必要です。

ヒート・マトリックスのドロップ・ターゲット・ガイドライン

Layoutペイン領域を使用してヒート・マトリックスを視覚化します。 大量のデータの異常を迅速に見つけ、個々の値を調査できます。

ヒート・マトリックスの「レイアウト」ペインは、さまざまなドロップ・ターゲット・エリアで構成されています:

領域 ガイドライン

プロンプト

ヒート・マトリックスをフィルタする属性列または階層列を選択します。 プロンプト領域は最初は空です。 セクション、行または列領域、あるいはサブジェクト領域ペインからプロンプト領域に1つ以上の列をドラッグ・アンド・ドロップできます。

セクション

ヒート・マトリックスを区分する属性列または階層列を選択します。 セクション領域は最初は空です。 プロンプト、行または列領域、あるいはサブジェクト領域ペインからセクション領域に1つ以上の列をドラッグ・アンド・ドロップできます。

行の位置合せに表示される列を表します。 基準タブで定義されたすべての属性列および階層列は、最初は基準タブに追加された順序で行領域に表示されます。

行ドロップ・ターゲットを含めるには、1つ以上の属性列または階層列をサブジェクト領域ペインから行ドロップ・ターゲットにドラッグするか、1つ以上の属性列または階層列をダブルクリックします。 列、プロンプトまたはセクション領域から1つ以上の属性列または階層列をドラッグ・アンド・ドロップすることもできます。

分析結果を表示した後に属性列または階層列をヒート・マトリックス・ビューに追加すると、新しい列は下位列として行ドロップ・ターゲットに追加されます。

列の位置合せに表示される列を表します。 列ドロップ・ターゲットは最初は空です。

サブジェクト領域ペインから列ドロップ・ターゲットに1つ以上の属性列または階層列をドラッグできます。 行、プロンプトまたはセクション領域から1つ以上の属性列または階層列をドラッグ・アンド・ドロップすることもできます。

色の基準

詳細は次の項を参照してください。

色の基準領域の詳細

色の基準領域は、行と列のグループ化および交差のメジャー値を表します。

  • 基準タブに追加された最初のメジャーが色の基準メジャーとして表示されます。
  • 色の基準リストからメジャーを選択できます。 このリストには、最初は基準タブの分析に追加されたすべてのメジャーが含まれています。
  • サブジェクト領域ペインから色の基準ドロップ・ターゲットにメジャー列をドラッグ・アンド・ドロップできます。 現在の色の基準メジャーが新しいメジャーで置換され、新しいメジャーを反映するようにヒート・マトリックスが再描画されます。

    分析結果を表示した後にメジャー列をヒート・マトリックス・ビューに追加すると、新しい列によってビューおよび色の基準ドロップ・ターゲットの既存の列が置換されます。

  • 基準タブの色の基準メジャー列を削除すると、そのメジャー列は色の基準リストから削除されます。 色の基準リストの新しいメジャー値は、分析に最後に追加されたメジャー値にデフォルト設定されます。

    色の基準ドロップ・ターゲットは、次の2つのオプションに分かれています。

    • スタイル: ヒート・マトリックスのスタイルを選択します。 スタイルには、百分位数によるビン化連続的な色の塗りつぶしの2つのオプションが含まれています。 オプションとして百分位数によるビン化を選択すると、ビンの数を入力し、カラー・パレットを選択して、ビンのカスタム・ラベルを入力できます。 連続的な色の塗りつぶしを選択した場合、ヒート・マトリックス・タイルはグラデーション色スキームとして表示されます。
    • 色: ヒート・マトリックスのカラー・パレットを選択します。

トレリスのドロップ・ターゲットのガイドライン

ここでは、トレリスのドロップ・ターゲットを操作する際に適用されるガイドラインについて説明します。

  • 拡張トレリス・ビューでは、トレリスの最も内側の列ヘッダーでメジャーが構成されています。

  • 色の基準ドロップ・ターゲットとグループ化基準ドロップ・ターゲットの間でメジャーを移動する場合:

    • 1つのメジャーをドラッグすると、それとともにすべてのメジャーが移動されます。 (これはスティッキーな動作と呼ばれます。)

    • 新規メジャーをビューにドラッグすると、新規メジャーを配置した場所に既存のメジャーがすべて移動されます。

  • 可視化の非メジャー・エッジ、行ターゲットまたは列ターゲットにメジャーを配置するには、メジャーを属性列にまず変換する必要があります。 詳細は、列の式の編集を参照してください。

  • 属性列をメジャー・ドロップ・ターゲットからドラッグしても、ドロップ・ターゲットまたはその中のメジャーが属性とともに移動されることはありません。

ツリーマップのドロップ・ターゲットのガイドライン

レイアウトペイン領域を使用して、ツリーマップ(制約のある階層データ)を可視化します。 大量のデータのトレンドと異常を迅速に見つけ、個々の値を調査できます。

ツリーマップのレイアウトペインは、様々なドロップ・ターゲット領域で構成されています。

領域 ガイドライン

プロンプト

ツリーマップをフィルタする属性列または階層列(不規則およびスキップレベルを除く)を選択します。

セクション

ツリーマップを区分する属性列または階層列(不規則およびスキップレベルを除く)を選択します。 たとえば、年でグループ化されているリージョンを、収益でサイズ設定し、前年の収益で色付けするツリーマップを表示するコンテナにできます。

グループ化基準

集計値のコンテナを生成または記述するために細分化されている階層データの最上位レベルを表します。 集計値はタイルで表示されます。

グループ領域では、サイズ基準領域および色の基準領域で指定されているメジャー列のヘッダーまたはグループを作成します。 複数のデータ列がツリーマップに表示される場合、グループ化するためのタイトル・バーが表示されます。 たとえば、年でグループ化されているリージョンを、収益でサイズ設定し、前年の収益で色付けするツリーマップを表示するコンテナにできます。 タイトル・バーにリージョンが表示されます。

サイズ基準

親内のタイルの分布を表します。 子のサイズは常に親のサイズと等しくなります。 矩形の各リージョンは、適用されたフィルタ(例: プロンプトまたはリージョンによるフィルタ)に基づいて関連付けられたメジャーの集計値です。

色の基準

同一レベルのすべてのタイルでの値の分布を表し、分析にツリーマップに対する質的なパースペクティブを提供する他のスコープを追加します。