機械翻訳について

列に対するフィルタの編集

インライン・フィルタを変更する必要がある場合は編集できます。 名前付きフィルタを編集して保存すると、フィルタに対して加える変更がフィルタの使用箇所に伝播されます。

たとえば、2010 Q1四半期のデータが含まれるようにQuarter列のフィルタを編集できます。 このデータは、フィルタが適用されるすべての分析に伝播されます。

  1. 「フィルタの編集」ダイアログを表示します。

    たとえば、「保存済みフィルタ」ペインまたは「基準」タブの「フィルタ」ペインで、フィルタにカーソルをあわせ、「フィルタの編集」をクリックします。

  2. 「フィルタの編集」ダイアログで、次の表で説明されているオプションのうち、任意のオプションの選択を変更します。
    オプション 説明

    オペレータ

    「値」フィールドで指定されている値に適用する演算子を選択します。 「演算子」リストは、実行する機能(フィルタの作成、ダッシュボード・プロンプトの作成など)に基づいて移入されます。 移入される内容は、選択した列の型にも基づきます。

    たとえば、「次より大きい」を選択して、「値」リストで選択する値よりも大きい値のみを使用できます。 「値」リストから100,000を選択した場合、フィルタによって、列の値のうち100,000よりも大きいものが使用されます。 分析でこの情報を使用して、パフォーマンスの最も高い製品に焦点を当てることができます。

    選択した列のメンバーを含むリストから1つ以上の値を指定します。 フィールドに手動で値を入力したり、検索することもできます。

    たとえば、分析のProducts列のために作成したフィルタを編集するとします。 「値」フィールドには、この列の製品のリストが含まれています。 選択する演算子に応じて、分析に含める1つ以上の製品を選択できます。

    フィルタの保護

    このオプションを選択すると、プロンプトによりフィルタが上書きされなくなります。

    このフィルタをSQLに変換する

    このオプションを選択すると、手動で編集できるSQL WHERE句にフィルタが変換されます。 フィルタをSQLコードに変換した後は、「フィルタの編集」ダイアログでフィルタを表示および編集できなくなります。

  3. 「OK」をクリックします。