機械翻訳について

式または計算済メジャーの編集

分析内の列を微調整するには、列の式または計算済メジャーを編集します。

トピック:

列の式の編集

分析の基準を指定する際、属性列とメジャー列の式を編集できます。 この編集は分析のコンテキストでのみ列に影響し、サブジェクト領域内の元の列の式は変更されません。

列式では、列値が何を表すかを指定します。 "Revenue Metrics"."Revenue"などの最も基本的な形式では、列はデータ・ソースからデータをそのまま取得します。 関数、条件式などを追加するように式を編集できます。 この編集により、分析結果を様々な方法で提示できます。 たとえば、収益が10%増加した後に値を表示するようにRevenue列の式を編集できます。 これを行うには、Revenue列に1.1を乗算する式を作成します。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 選択された列ペインで、列名の横にあるオプションをクリックして式の編集を選択します。
  3. 列式の編集ダイアログの列式タブで、列式ペインに式を入力します。

    デフォルトでは、選択された列ペインの列の名前が列式ペインに表示されます。

    • 式のビルドに役立つように、「列式」ペインの下部にある演算子ボタンおよび文字ボタンを使用します。

    • 列式に関数を組み込むことができるように、f(...)ボタンを使用して「関数の挿入」ダイアログを表示します。 たとえば、SQL関数に基づいて式を作成できます(例: RANK("Sales Measures"."Dollars"))。 式エディタのリファレンスを参照してください。

    • 列式にフィルタ式を含めることができる「フィルタの挿入」ダイアログを表示するには、Filter...ボタンを使用します。 フィルタ式は、少なくとも1つのメジャー列で開始します。 メジャー列やネストされた問合せが含まれていないブール式を含めます。

      たとえば、FILTER("Sales Measures"."Dollars" USING ("Markets"."Region" = 'EASTERN REGION')のように、SQL FILTER関数を使用してデータをフィルタする式を作成できます。

    • 式で列名を参照するには、Folder-Name.Column.Nameという形式を使用します。 フォルダ名または列名に英数字以外の文字(スペースやアンダースコアなど)が含まれている場合は、それぞれの名前を二重引用符で囲みます。 名前がすべて英数字で構成されている場合にも、二重引用符で囲むことができます。

    • データ型が文字列のリテラルまたは定数を含める場合は、一重引用符を使用します。 たとえば、'John Doe'や'Best Selling Product'などの定数を式に含めることができます。

  4. OKをクリックします。 結果タブで、式が適用された値が列に表示されます。

計算済メジャーの編集

他のメジャーから派生し、式を使用して作成された計算済メジャーを使用できます。

たとえば、収益から割引を除いた後の値を確認する必要がある場合があります。 収益値から割引金額を差し引く計算済メジャーを作成します。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 分析エディタの結果タブで、ツールバーの新規計算済メジャーをクリックしてダイアログを表示します。
  3. 計算済メジャーの式を編集します。
  4. OKをクリックします。