機械翻訳について

マップ・バックグラウンドを使用したビジュアライゼーションの強化

マップ・バックグラウンドを使用して、プロジェクトのビジュアライゼーションを強化できます。

列値に基づいて、ディメンションおよびメトリックの特定のセットがマップ・ビジュアライゼーションに表示されます。デフォルトが設定されていない場合は、データの視覚化にデフォルトのマップ・バックグラウンドまたは既存のOracleマップ・バックグラウンドが表示されます。
  1. プロジェクトを作成またはオープンし、「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 列を選択してマップ・ビューにレンダリングするには、次のいずれかを実行します:
    • 「「データ要素」ペイン」のマップ関連の列を右クリックし、「ビジュアライゼーションの選択」をクリックして「マップ」を選択します。
    • 「「データ要素」ペイン」から空白のキャンバスに、またはキャンバスのビジュアライゼーション間で、マップ関連の列をドラッグ・アンド・ドロップします。 ビジュアライゼーション・ツールバーで「ビジュアライゼーション・タイプの変更」をクリックし、「マップ」を選択します。
    選択した列または属性は、「文法パネル」「カテゴリ(地域)」セクション、およびプロパティ・ペインの「データ・レイヤー」タブに、データ・レイヤーとして表示されます。
  3. プロパティ・ペインで、「マップ」をクリックし、ビジュアライゼーション・プロパティを指定します。
  4. 別のマップ・バックグラウンドを使用する場合は、「プロパティ・ペイン」「バックグラウンド・マップ」値をクリックし、バックグラウンドを選択します。 たとえば、Google Mapsを選択すると、ビジュアライゼーションにGoogle Mapsがマップ・バックグラウンドとして表示されます。
    • 使用可能なマップ・バックグラウンドのリストを表示するか、使用できるバックグラウンドを変更する場合は、次のいずれかを行います:
      • 「バックグラウンド・マップ」値をクリックし、「マップ・バックグラウンドの管理」を選択して「マップ・バックグラウンド」タブを表示します。
      • コンソールページを開き、「マップ」をクリックして「バックグラウンド」タブを選択します。
    • オプションで、Satellite、Road、HybridまたはTerrainなど、別のマップのバックグラウンドを選択します。
  5. 保存をクリックします。