機械翻訳について

分析およびダッシュボードからのコンテンツのエクスポート

分析およびダッシュボードからコンテンツをエクスポートできます。

分析の結果のエクスポート

Microsoft Office Excel、Adobe PDF、CSV形式などの様々な形式、および様々なデータのみ形式(書式設定なし)に分析結果をエクスポートできます。

たとえば、Stock Control分析をエクスポートして、サプライヤのいずれかが結果をMicrosoft Excelで確認できるようにできます。

100万を超える行のデータをエクスポートする場合、Oracle Analytics Cloud管理者はエクスポートが許可される最大数を調べます。
  1. 分析を編集用に開きます。
  2. データと書式設定をエクスポートするには、「この分析のエクスポート」をクリックし、「フォーマット済」をクリックして出力形式を選択します。
  3. データのみをエクスポートするには、「この分析のエクスポート」「データ」の順にクリックして、出力形式を選択します。

ダッシュボードおよびダッシュボード・ページのエクスポート

ダッシュボード全体または1つのダッシュボード・ページをMicrosoft Excel 2007以上にエクスポートできます。 ダッシュボードのコンテンツをMicrosoft Excelにエクスポートしても、ダッシュボード(プロンプトまたはドリルなど)の状態は変わりません。

たとえば、Brand Revenue分析を含むダッシュボード・ページをエクスポートできます。 これにより、ブランド・マネージャはMicrosoft Excelでこのデータを確認できます。

  1. エクスポートするダッシュボードまたはダッシュボード・ページを開きます。
  2. ダッシュボードページのツールバーで、ページ・オプションをクリックし、Excelにエクスポートを選択して、現在のページのエクスポートまたはダッシュボード全体のエクスポートのいずれかを選択します。

    ダッシュボード全体をエクスポートすると、次のようになります。

    • それぞれのページがExcelワークブックの専用のシートに含まれます。

    • それぞれのシートに、対応するダッシュボード・ページの名前が付けられます。

  3. ダッシュボードまたはダッシュボード・ページをスプレッドシート・ファイルとして開いたり保存するには、ファイルのダウンロードダイアログを使用します。

エクスポートのヒント

次に、分析、ダッシュボードおよびダッシュボード・ページからデータをエクスポートする場合のヒントをいくつか示します。

  • 100万を超える行のデータをエクスポートする場合、Oracle Analytics Cloud管理者はエクスポートが許可される最大数を調べます。
  • デフォルトでは、表またはピボット表をExcelにエクスポートする場合、複数の行にわたるセルおよび複数の列にわたるセルを(常に繰り返すのではなく)繰り返すかどうかが、列のプロパティダイアログ:列書式タブ値の抑制オプションによって決まります。 Excelスプレッドシートを使用するユーザーがデータを操作する場合は、Excelにエクスポートする際に値を抑制しないでください。

    • 値の抑制抑制に設定されている場合、複数の行にわたるセルおよび複数の列にわたるセルは繰り返されません。 たとえば、YearとMonthの値を含む表では、Yearは複数のMonthの値に対して1回のみ表示されます。 この値の抑制は、単にExcelスプレッドシートのデータを表示する場合に役立ちます。

    • 値の抑制繰返しに設定されている場合、行をまたがるセルおよび列をまたがるセルが繰り返されます。 たとえば、YearとMonthの値を含む表では、すべてのMonthの値に対してYearが繰り返されます。

  • 「In PDF」フォーマットでは、行はまとめて保持されるのではなく、改ページで分割されます。

  • アクション・リンクはエクスポートされたフォーマットには含まれません。

  • Excelにエクスポートする場合、数値および日付は、指定されたデータ書式の文字列としてではなく、完全な数値精度および書式設定マスクが設定されたRAW書式でエクスポートされます。

  • Excel形式に直接エクスポートできますが、大量の行をエクスポートするときに、最初にCSVにエクスポートしてからそのファイルをExcelにインポートした方がパフォーマンスがよい場合もあります。