機械翻訳について

フィルタおよび選択ステップについて

フィルタと選択ステップの両方を使用して、分析の実行時に表示される結果を制限します。

これは、結果が特定の質問の回答となることを意味します。 結果に含まれる内容は、分析用に選択した列とともに、フィルタおよび選択ステップによって決定されます。 フィルタおよび選択ステップに基づいて、条件に一致する結果のみが返されます。 たとえば、従事している業種によっては、フィルタおよび選択ステップを使用し、業績のよい上位10人を確認できます。 特定のブランドの売上高および最も収益性の高い顧客を確認することもできます。

フィルタおよび選択ステップは列レベルでのみ適用され、分析でデータを制限する2つの方法を提供します。 フィルタは、常に選択ステップが適用される前に列に適用されます。 ステップは、指定した順番で適用されます。 フィルタと選択ステップは様々な点で異なります。

  • フィルタは、問合せの集計前に列に直接適用されます。 フィルタは問合せに影響するため、メジャーの結果値に影響します。 たとえば、集計の合計が100になるメンバーのリストがあるとします。 時間の経過とともに、より多くのメンバーがフィルタ条件を満たしてフィルタを通過するようになり、集計の合計は200に増加します。

  • 選択ステップは問合せの集計後に適用され、結果の集計値ではなく、表示されたメンバーのみに影響します。 たとえば、集計の合計が100になるメンバーのリストがあるとします。 選択ステップを使用して1人のメンバーを削除した場合、集計の合計は100のままです。

    選択ステップは列単位であり、複数の列にわたることはできません。

プロンプトと呼ばれる別の種類のフィルタは、ダッシュボードのすべてのアイテムに適用できます。 実行時にプロンプトを使用して、選択ステップおよびフィルタを完了できます。

プロンプト・フィルタについて

プロンプト・フィルタは、演算子がプロンプトで使用に設定されているフィルタです。 この演算子は、テキスト、数値または日付を含む列に対して有効です。

フィルタの列に対してプロンプトで使用演算子を選択すると、プロンプトによるフィルタ処理の対象であることを示すフラグが設定されます。 プロンプトが使用されると、結果には、プロンプトされた列のデータがユーザーの選択と一致するレコードのみが含まれます。

事前にフィルタ処理された値が要求されないプロンプトに列を含めるには、プロンプトで使用演算子を使用する必要があります。