機械翻訳について

データ・セットの数がフィルタに与える影響

フィルタは、データ・セットの数、データ・セットが結合されているかどうか、およびフィルタの適用対象に応じて、ビジュアライゼーションとは異なる方法で相互作用できます。

フィルタをフィルタ・バーまたはプロジェクト内の個々のビジュアライゼーションに追加できます。

単一のデータ・セット フィルタの相互作用
フィルタをフィルタ・バーに追加 これは、プロジェクト内のすべての視覚化に適用されます。
視覚化にフィルタを追加 フィルタ・バーのフィルタが適用された後に適用されます。
複数のフィルタを追加 デフォルトでは、フィルタは選択した値に基づいてお互いを制限します。
複数のデータ・セット フィルタの相互作用
フィルタをフィルタ・バーに追加した場合。
  • フィルタは、結合済データ・セットを使用するすべてのビジュアライゼーションに適用されます。 結合されていないデータ・セットを使用するビジュアライゼーションに対しては、各データ・セットに個別のフィルタを追加する必要があります。

  • 2つのデータ・セットが結合されていない場合、データ・セットのデータ要素を他のデータ・セットのフィルタとして指定することはできません。

  • データ・セットのデータ要素がフィルタとして指定されているが、結合済データ・セットに一致しない場合、フィルタはその特定のデータ・セットのビジュアライゼーションにのみ適用され、結合済または結合されていないデータ・セットの他のビジュアライゼーションには適用されません。

  • フィルタの「すべてのキャンバスに固定」を選択して、プロジェクトのすべてのキャンバスにフィルタを適用できます。

フィルタ名の上にマウス・ポインタを置くと、フィルタが適用されている視覚化が表示されます。 フィルタのデータ要素が使用されていないビジュアライゼーションはグレー表示されます。
ビジュアライゼーションにフィルタを追加した場合
  • 個々のビジュアライゼーションにフィルタを指定すると、そのフィルタは、フィルタ・バーのフィルタが適用された後にそのビジュアライゼーションに適用されます。

  • 「フィルタとして使用」オプションを選択し、ビジュアライゼーションのフィルタとして使用されるデータ・ポイントを選択すると、結合済データ・セットおよび一致したデータ要素の他のビジュアライゼーションでフィルタが生成されます。

「次により値を制限」オプションを使用して、フィルタ・バーのフィルタが相互に制限される方法を削除または限定できます。