機械翻訳について

マップ・ビジュアライゼーションで色とサイズを使用してデータ値を解釈

多角形やバブルなどのシェイプの色とサイズを使用して、マップ・ビジュアライゼーションの値を解釈できます。

  1. プロジェクトを作成またはオープンし、「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 列を選択してマップ・ビューにレンダリングし、次のいずれかを実行します:
    • 「「データ要素」ペイン」のマップ関連の列を右クリックし、「ビジュアライゼーションの選択」をクリックして「マップ」を選択します。
    • 「「データ要素」ペイン」から空白のキャンバスに、またはキャンバスのビジュアライゼーション間で、マップ関連の列をドラッグ・アンド・ドロップします。 ビジュアライゼーション・ツールバーで「ビジュアライゼーション・タイプの変更」をクリックし、「マップ」を選択します。
  3. 視覚化文法ペインの次のセクションに列をドラッグ・アンド・ドロップします:
    セクション 説明
    対応するマップ・レイヤーに表示されるジオメトリの色(多角形の塗りつぶしの色、バブルの色など)を、値に基づいて変更します。
    サイズ(バブル) メジャー列の値に基づいてカラーのバブル・サイズを変更します。

    カラー・バブルのサイズを変更するには、メジャー列のみをドラッグ・アンド・ドロップする必要があります。 サイズは、マップの視覚化における特定の地理的ロケーションの集計測度を示します。

    Trellis列 / 行 フィルタを使用して列の値に基づいて複数のマップの視覚化を比較します。

マップ・ビジュアライゼーションでは、次の内容を使用して、メジャー列と属性値を解釈することもできます:

  • 「凡例」 - メジャー列または属性に複数の値がある場合は、サイズまたは色で値を示す凡例が表示されます。
  • 「ツールチップ」 - 色のバブルまたはデータ・ポイントにマウス・ポインタを合せると、値がツールチップに表示されます。