機械翻訳について

ユーザーに対してマップ・バックグラウンドを使用可能にします

Oracleには、「データの視覚化」付きの2つの事前構成されたマップ・バックグラウンドがあります。 管理者は、マップ・ビジュアライゼーションで使用するマップ・バックグラウンドを追加できます。

  1. 「ホーム」ページで、「コンソール」をクリックし、「マップ」を選択してから、「マップ・バックグラウンド」をクリックします。
    • バックグラウンドをデフォルトのマップ・バックグラウンドとして設定するには、「デフォルト」列をクリックします。
    • ユーザーが使用できるオプションとしてマップ・バックグラウンドを含めるか除外するには、「含める」列をクリックします。
  2. マップ・バックグラウンドを追加するには、「バックグラウンドの追加」をクリックしてリストからマップ・バックグラウンドを選択します。
    Oracleマップは事前に構成され、製品とともに出荷されます。 追加できるその他のバックグラウンド・マップは、GoogleマップとBaiduマップです。 Oracle以外のマップ・プロバイダ(GoogleやBaiduなど)の場合、使用状況に基づいて課金される可能性があるマップAPIアクセス・キーを取得する必要があります。
  3. 適切なマップAPIアクセス・キーをコピーして貼り付けます。

    これらのマップ・タイプのいずれかを追加および使用できるようにするには、プロバイダにサインアップする必要があります。

    • Googleマップ・タイルを使用するには、Google Maps APIアクセス・キーをGoogleから取得する必要があります。 Googleによって、Maps APIアクセス・キーおよび該当する場合はGoogle"クライアントID"の入力を求めるプロンプトが表示されます。 タイルを使用するには、「Google開発者サイトのサービス条件」でGoogleによって指定されたサービス条件を満たす必要があります。
    • Baidu Mapsタイルを使用するには、BaiduからBaidu Maps APIアクセス・キーを取得する必要があります。 Baiduによって、Maps APIアクセス・キーの入力を求められます。 タイルを使用するには、Baidu User AgreementのBaiduによって指定されたサービス条件を満たす必要があります。
  4. 該当する場合はデフォルトのマップ・タイプを選択し、必要に応じて有用な説明を入力します。
  5. 「追加」をクリックして、使用可能なマップ・バックグラウンドのリストにマップを含めます。
    「データの視覚化」は、マップのバックグラウンドが正常に追加されるとメッセージを表示します。

    Oracle Analytics CloudのBaidu Mapsの場合、安全なドメインとしてホワイトリストに記載される3つのURLsを追加する必要があります。 これは、「安全ドメイン」ページからData Visualization Consoleに行います。

    • *.map.baidu.com [Image, Script]

    • *.map.bdimg.com [Image, Script]

    • *.bdstatic.com [Image, Script]

    ImageオプションとScriptオプションの両方を選択する必要があります。 これは、イメージ・タイルや実行に必要なスクリプトを提供する信頼できるドメインであり、Baiduマップ・コンテンツが正常にレンダリングされることを示しています。