機械翻訳について

ユーザーに対してマップ・バックグラウンドを使用可能にします

Oracleには、2つの事前構成済マップ・バックグラウンドが用意されています。 管理者は、マップ・ビジュアライゼーションで使用するマップ・バックグラウンドを追加できます。

  1. 「ホームページ」で、コンソールをクリックして、「マップ」を選択し、「バックグラウンド」をクリックします。
    • バックグラウンドをデフォルトのマップ・バックグラウンドとして設定するには、「デフォルト」列をクリックします。
    • ユーザーが使用できるオプションとしてマップ・バックグラウンドを含めるか除外するには、「含める」列をクリックします。
  2. マップ・バックグラウンドを追加するには、「バックグラウンドの追加」をクリックしてリストからマップ・バックグラウンドを選択します。
    Oracleマップは事前に構成され、製品とともに出荷されます。 追加できるその他のバックグラウンド・マップはGoogle Mapsです。 Oracle以外のマップ・プロバイダ(Googleなど)の場合は、使用方法に基づいて請求される可能性があるMap APIアクセス・キーを取得する必要があります。
  3. 適切なマップAPIアクセス・キーをコピーして貼り付けます。

    これらのマップ・タイプのいずれかを追加および使用できるようにするには、プロバイダにサインアップする必要があります。

    • Googleマップ・タイルを使用するには、Google Maps APIアクセス・キーをGoogleから取得する必要があります。 Googleによって、Maps APIアクセス・キーおよび該当する場合はGoogle"クライアントID"の入力を求めるプロンプトが表示されます。 タイルを使用するには、「Google開発者サイトのサービス条件」でGoogleによって指定されたサービス条件を満たす必要があります。
  4. 該当する場合はデフォルトのマップ・タイプを選択し、必要に応じて有用な説明を入力します。
  5. 「追加」をクリックして、使用可能なマップ・バックグラウンドのリストにマップを含めます。